第8号 Think Different アップルがやった事(1)

2002.05.17

Think Different アップルがやった事(1)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━<2003年5月17日>━
■■■
■■■「知」とIT/ビジネスへのTIPS
■■■
情報資本主義の今を考えるコラム
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
http://kinyuu-literacy.hp.infoseek.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

第8号 Think Different アップルがやった事(1)

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

 

■アップルが音楽配信事業へ進出

───────────────────────────────────
5月5日子どもの日,あのアップルが「サービスを開始してから最初の1週間
で,100万曲以上を販売した」と発表した。これを受けThe New York Timesの
オンライン版は,「Steve Jobsはまたもや”離れわざ”をやってのけた」と称賛
したものだ。

アップルが音楽配信事業に進出したのだ。
昨年の構想発表時、成功を予想する向きは業界の半分くらいのイメージだった。

初日は4月28日。この日だけで推定20万曲を売り上げた。これはMusicNet
やPressplayなど先行する音楽配信サービス全体が,半年かけて売り上げた曲数
のほぼ半分に匹敵する。音楽配信事業が,初めて「商売」らしい商売になる可能
性を見せた瞬間だった。

■この現象の含意

───────────────────────────────────
これは3つのことを象徴的する出来事である。

1.モノの生産より、情報の生産が重要な社会が到来した=情報化社会
2.IT技術とは、1.を可能ならしめる条件整備のことであり、IT革命が
直ちに情報化社会を招来する訳ではない
3.デフレの根っこにIT革命があり、21世紀は構造的にデフレが進行する

■二人の石工

───────────────────────────────────
よく引用される二人の石工の話から始めよう。

二人の石工が石材を削っていた。
その一人に尋ねた。
「あなたは何をしているのですか」
「ご覧の通り、私は石を削っているのです」

もう一人に尋ねた。
「あなたは何をしているのですか」
「ご覧の通り、私は教会を作っているのです」

目的と手段、ないし目的のレベルの違いに注意を喚起させる挿話である。
最初の石工にとって、削る事自身が目的である。だから石を取り上げられる事
は理不尽だ。生活の糧を得る手段を奪われるからだ。

二人目の石工にとって、最終の目的は「教会を作る事」だ。石を削る事はその
手段に過ぎない。だから何らかの事情で、木で作る事態、セラミックで作る事
態になっても、「教会を作る事」のためにそれが必要なら、木を扱う事、セラミ
ックを扱う事を厭わない。

さて音楽の業界へ戻ろう。
米国では昨年音楽CDの売上が10%落ちた。3年連続の下落だ。しかもこれは
世界的な現象だ。
http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000047715,20053526,00.htm

日本も事情は同じである。
http://www.meti.go.jp/policy/media_contents/downloadfiles/0313music.pdf

世界的なレコード会社、レーベル会社はネットでの違法なダウンロードがその
原因だとして非難している。

違法行為は確かによくない。
但しネットでの(法を犯さない)音楽配信事業は誰にとって良くないことなの
だろうか。
音楽CD売上減は一体誰にとって良くない事なのだろうか。
レコード会社、レーベル会社はそもそも「音楽配信」が会社の「目的」ではな
かったか。これまで、たまたまレコードだった、たまたまテープだった、CD
だっただけなのではないか。
パッケージが何かは本質論ではない。
ネットだともうパッケージすらいらない。

パッケージはなくったっていい、「音楽配信」でミュージシャンが喜び、音楽愛
好家が喜ぶのなら。

あなた方は一人目の石工になっていませんか。私は二人目の石工を目指します。
アップルはそうやって、PCメーカーからの華麗な変身を遂げたのだ。ソニー
のお株を奪って。

■iTunes Music Storeとは

───────────────────────────────────
事業の内容を具体的に追いかけよう。

アップルはネット上にiTunes Music Storeをオープンした。
要はアマゾン(※)の音楽版だ。
iTunesという既存ソフト(デジタル音楽再生/管理)の活用,レコード会社の
幹部を説き伏せたJobs氏の交渉力,そして,デジタル音楽プレーヤである
iPodの存在,この3つが重なって実現したサービスといえる。

月額、年額の会費はとらない。ユーザーは1曲の価格を99セントで,アルバ
ムなら価格は9.99ドルで、ダウンロードして買える。

購入した曲は個人で利用することを条件に,何回でもCD焼き付け可能(厳密
には「連続して10枚まで」という制限あり。しかしこれは曲順さえ変更すれば,
同じセレクションで11枚以上のCDが作成できる。同じものを大量生産できな
いようにする程度の制限にとどまっているのが特徴。)

再生に利用する携帯型音楽プレーヤ「iPod」の数は規制を受けない。
PCへの転送は3台まで。これは,ユーザーが,自宅のパソコン,移動中のノ
ート・パソコン,職場のパソコンと,3つの場面で同じ楽曲を聴けるようにす
ることを考慮している。新しいパソコンを購入し,パソコンが4台になってし
まった場合は,どれか1台のiTunes 4上で,認証を解除すればよい。

しかも購入した楽曲は,ネットワークにつながっているパソコン同士で,スト
リーミング方式で共有できる。つまり誰かのパソコン上にある音楽ファイルを
自分のパソコンで聴くことができるのだ。これは,iTunes 4に搭載されている
Apple社のネットワーク自動検知/設定技術「Rendezvous」により可能になっ
たもの。こんな楽しみ方もできる。

加えて音楽ショップに行く以上の利便性がある。
まず品揃え。
iTunes Music Storeは5大レーベルの総計20万曲のライブラリを備える。また、
ボブ・ディランやU2など20のアーティストの曲目を独占的に提供する。
5月6日より新たに3200曲を追加する計画。Jack Johnsonの「On and On」,
Andrea Bocelliの「Tosca」,Fleetwood Macの「Say You Will」といった新譜
などが含まれる。そのほか,Michelle Branchの「The Spirit Room」やAlanis
Morissetteの特別ビデオなども加える。

そんなに並べられてもリアルな小売店で全部を探す事はできない。しかしここ
でユーザーは,タイトル,アーティスト,アルバム名から楽曲を検索自由自在。
性別,アーティスト,アルバムでコレクション全体をブラウズできる。しかも
購入前に無償で30秒間試聴することが可能。
購入は、あのアマゾンの「ワンクリック」と同じ。簡単。

*********************************************************************
次回は「この現象の含意」を更に具体的に深堀り、情報資本主義の意味を考え
ます。

※アマゾン・ドット・コム
1995年7月に米国シアトルでサービスを開始した世界最大のインターネット書
店。ウェブ・ページに本のデータベースを公開し、受注商品を宅配で届ける。
日本での営業(00年開始)は再販制度の壁から、米国ほどの伸びにはなってい
ない模様だが、出版不況の中、成長は衰えていない。
ワンクリックでの簡便さ、ネットならではの品揃えの豊富さ、購入履歴データ
を元にした販促手法の導入が成長の鍵とされる。

日本では丸善と紀伊國屋書店がオンライン書店を95年開設。以後、八重洲ブ
ックセンター、三省堂、文教堂、ジュンク堂、旭屋書店などが続いた。ヤマト
運輸(クロネコヤマト)と取次の栗田(くりた)出版販売との合弁によるブックサ
ービスも、96年にインターネット書店を開設した。また取次各社も、単独、あ
るいは数社合弁で、e-hon(トーハン)、本やタウン(日販)、本の問屋さん(大
阪屋)などを設立。そのほかに、トーハン、ソフトバンク、セブン‐イレブン・
ジャパン、ヤフーなどの出資による「イー・ショッピング・ブックス」、図書館
流通センター、日経BP、アスクル、富士通、日本経済新聞社、電通などによる
「ブックワン」、文教堂、オリコン、角川書店、講談社、マイクロソフト、トー
ハンなどによる「ジェイブック」など多数のオンライン書店が誕生した。

しかしいづれもリアルな小売店をネット上に移しただけの形態で、購買履歴、
購買者属性のデータを加工し、顧客利便性へつなげる工夫という点で、アマゾ
ンに及ばず、流通の主流となるにはほど遠い状態。

*********************************************************************

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中