ITと生産性の上昇と人材・組織の役割

2004年07月19日

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
Dose it matter ?
Sure、IT is still a matter in Japan.

米国では、ITが生産性をあげるかどうか、などという議論をとう
の昔に終えて、
「技術のコモディティ化によって、ITはもはや企業に「sustainable
competitive advantage」を提供しない、だって誰もが同じもの
を電気のように簡単に手に入れられるのだから」、
そうかと思うと、一方で
「しかし、コモディティ化自身はイノベーションの終わりや
ビジネス機会の終わりを意味するものではないし、実際には
全くその逆だよ、コモディティ化された製品はイノベーショ
ンへのインプットなんだ」、
といった議論がなされている。

象徴的な事として「IT doesn’t matter」とうい本が出され、その
後の論争を踏まえてもう1冊の本「Does IT Matter?」が書かれる
といったことが挙げられる。
(「ITは重要ではない」から「ITはどの程度重要か?」へ
http://blog.japan.cnet.com/umeda/archives/001222.html )

ところが日本は未だに「IT」をこなしきれていない。

今年の通商白書は、この、ITと生産性の関係、IT、生産性と人
的資源の関係についての内外の分析結果をよく整理している。
「経営」、「会社と社員の関係」を考える貴重な資料となっている。

http://www.meti.go.jp/report/downloadfiles/2004_2shoh1setu.pdf
http://www.meti.go.jp/report/downloadfiles/2004_1shoh3setu.pdf

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

続きを読む

広告

「デジタル家電が『日本』を救うかは微妙」〜(1)大島紬とデジタル家電

2004年07月04日

■「デジタル家電は日本経済を救うか」。

──────────────────────────────
「デジタル家電は日本経済を救うか」、の議論が喧しい。

答えは、
「デジタル『景気』は経済を救う」かもしれないが、
「デジタル家電が『日本』を救うかは微妙」
という所ではないだろか。

続きを読む