●パナソニック「さよならVHS」 デジタル化で生産終了 35年の歴史に幕

┃Business あるいは資本主義のメタモルフォーゼ
マーケティング、ビジネスモデル、経営、成長と生産性、金融、会計、税制、経済法など

●パナソニック「さよならVHS」 デジタル化で生産終了 35年の歴史に幕
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/120210/biz12021014430018-n1.htm
「VHSは、松下電器産業(現パナソニック)の子会社だった旧
日本ビクターが昭和51年に発売。ソニーのベータ方式と争った
末に事実上の世界標準となった。一時はパナソニックだけで年間
100万台以上を売り上げ、稼ぎ頭として同社の屋台骨を支えた」。

●もう高価なカーナビは不要!?
http://news.livedoor.com/article/detail/6294561/
高級カーナビが日本的「過剰品質」の代名詞になる日が来るか。ス
マホのカーナビ使用が止まらない。クラウド化されていて、使いや
すい。カーナビの地図更新にHDD外して交換するのは時代遅れに。
(カーナビはスマホで代用できる@佐々木俊尚さん提言
http://togetter.com/li/261419 )

●[FT]フォードが描く「車がスマホになる時代」
http://s.nikkei.com/z5SJRp
「道路を走る車を、スマートフォンやノート型パソコン、タブレッ
ト端末と同じように見るべき時が来た。自動車を単体として見るの
でなく、はるかに大きく、高度なネットワークの一部と見なすのだ」。

●経営者に「NO」と言える社外取締役
http://www.mizuho-ri.co.jp/publication/opinion/eyes/pdf/eyes120221.pdf
「牽制機能が、会社経営、事業運営に役立つ」とはどういうことか
を突き詰める必要がある。

●大企業が変われない理由と生き残りへのステップ
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/31888
業績悪化の構造的原因:意思決定の遅さ、大企業病/プラットフォ
ーム、サービスの軽視/垂直統合分野へのこだわり。処方箋を、社
外にある「異能」を取り込むことしてしているが、それができない
から「大企業病」なんだよね。

●日本は経常赤字国になるのか~経常黒字を維持するための条件
http://jp.fujitsu.com/group/fri/column/opinion/201202/2012-2-5.html
海外投資の中でも、(証券投資に比べより収益率の高い)直接投資
の比率を増やしていくことが、経常黒字維持の条件。この点で投資
大国アメリカやイギリスは先行している。

●「貿易収支と所得収支の間にトレードオフが成り立つ」という視点
https://www2.rri.co.jp/chiiki/pdf/keijou1202.pdf
海外進出企業は、進出先での地産地消を行うが、それは輸出減と同
時に投資増を生む機縁でもある。

●グローバルな組織再編の方向性
http://fas-group.kpmg.or.jp/knowledge/fas-group-newsletter/2012/pdf/201202_bps.pdf
組織運営のポイントは人・モノ・金そして情報のシステムとしての最
適化をいかに図るか。グローバル展開でもそれは同じ。

●集積の利益と地域経済―企業活動に関する最適空間構造のシミュレーション分析
http://www.jcer.or.jp/academic_journal/jer/detail4286.html#5
集積の効果は、効率を得られるメリットに働くケースと混雑を招来する
デメリットのケースがある。前者の例は愛知、神奈川で、後者は東京、
大阪。

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中