●国際通貨危機:国際通貨制度と通貨危機の歴史

┃Business あるいは資本主義のメタモルフォーゼ
マーケティング、ビジネスモデル、経営、成長と生産性、金融、会計、税制、経済法など

●国際通貨危機:国際通貨制度と通貨危機の歴史
http://indexfund.nomura-am.co.jp/viewpoint/school/06/02_02.html
簡単整理。理論と制度の二軸から、通貨危機を分析。
(理論編 http://bit.ly/xQVsDn 歴史編の上 http://bit.ly/xynQoi)

●アジアの生産ネットワーク
http://www.dir.co.jp/publicity/column/120301.html
以前は二国間での垂直分業という、下受け先が海外、のイメージ。
現在は、複数国にまたがった形で部品が調達され完成品が作られ
る、協働、ネットワークのイメージ、が多くなっている。

●進化・加速するインドの全方位経済外交
http://www.jcer.or.jp/j-fcontents/report.aspx?id=276IJDE4XJ08XQYUJGNM6UPWN95UB549
過去の怨念やイデオロギーを捨て、実利、真の国益を目指し展開
する、21世紀型のインドの外交。その知略をもって、20世紀型
米国一極覇権の構図から多極的世界へのシフトを、演出する一人
になっている。

●アジア経済圏に接近するインド
http://www.ide.go.jp/Japanese/Publish/Download/Seisaku/120223.html
イギリス帝国の解体以降、アジアにおいてインド人は長い間、「忘
れられた人々」であった。この状況に変化を与えたのが、1991年
のインド政府の「ルック・イースト政策」。大胆な経済自由化を目
指す経済改革の一環として東南アジア諸国との関係強化を目指した。

●インド企業買収増加の背景と買収の主な留意点
http://fas-group.kpmg.or.jp/knowledge/fas-group-newsletter/2012/pdf/201202_cf.pdf
インドは2005年以降、EPA、CPEAなど市場開放の動きを個別国
・地域と間で具体化してきている。これに加え、2012年1月10日、
外資による出資制限を一部の業界(単一ブランドン製品、商品を売
る小売業)に対し撤廃した。

●不安定化するインドへの資本流入~現地識者が指摘する国内の改革の遅れが背景に
http://www.mizuho-ri.co.jp/publication/research/pdf/insight/as120214.pdf
2011年秋からルピーが下落、資本流入が不安定化した。これを背
景に海外からの投資誘導をはかる施策が企図されるも、政治的な迷
走を繰り返している。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中