●電子書店を横断して売れ筋を確認できるサイト「ヒットマンガ・ネット」

130725 PS

┃ebook あるいは知のパラダイムシフト
ICT、情報、知識、検索、学習、意思決定、ソーシャルメディアなど

●電子書店を横断して売れ筋を確認できるサイト「ヒットマンガ・ネット」 http://hitmanga.net/index.php
スマホ向け。データベースはhon.jpを参照し、各電子書店の週間ランキングの値を取得して、そのスコアを合算し、作品のランク付けを行っている。

●QuerySeeker Analyze 電子書籍など出版分野に対応 http://queryeye.com/jp/news/20130719.html
分析対象はAmazonの一般書籍、Amazon Kindle、AppleのiBook Store、GoogleのGoogle Play書籍の4市場。各市場ランキング、Twitterクチコミ、ブログ、ニュースサイトの情報を収集しデータベース化している。

●検索→購入はもう古い!? 「知らない本」に出会える新機能が続々 電子書籍 http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/pickup/20130711/1050696/?rt=nocnt
本の表紙をスキャンして電子書籍を購入。マンガ本シリーズ全巻バンドル。「バーチャル中吊り」から読みたい記事だけを買う。ニンテンドー3DSの「すれちがい通信」機能を活用して、児童書で“偶然の出会い”。

●受難の「全集」 救世主は電子化!? 制約なく編集にも自由度 http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1307/11/news037.html
2012年発刊された「全集」はわずか23点で、30年前の昭和57年の192点と比べ激減。出口を紙にと思わず、デジタルデータで最初から企画・構想し、かつ出口もデジタルと思った瞬間に、いままでのどに閊えていたものが溶け出した。「読書の楽しみの源泉にはいつも『文は人なり』といふ言葉があるのだが、この言葉の深い意味を了解するのには、全集を読むのが、一番手つ取り早い而(しか)も確実な方法なのである(小林秀雄)」。

●紙では実現できない、電子書籍ならではの次世代コミック「ReComic」が誕生 http://labaq.com/archives/51795722.html
まずは実際の動画を見るべし! コミックの静止画の素材を、デジタルに処理して動画っぽい作品に仕上げるノウハウがすばらしい。

●電子書籍未経験の人は一度は試してみたら? http://blogos.com/article/66616/
まだまだ知られていない。「Kindleの専用端末がなくても、iPhone(スマホ)やiPad(タブレット)、またはパソコンのアプリでKindleの電子書籍は読めます。(アプリ自体は無料)」。

●図書館が小売業者になるとき http://ebook.itmedia.co.jp/ebook/articles/1307/17/news084.html
米国での実験の数々。書籍貸出のウェイティングが長いとき、本の購入に誘導する仕組み。図書館利用者専用の、オンライン書籍購入(自宅配送付)システム。もちろん、電子書籍販売も。

●シカゴ公共図書館に登場した「メイカーラボ」 http://wired.jp/2013/07/11/3d-printing-for-all-inside-chicago-librarys-new-pop-up-maker-lab/
図書館は何であるべきなのか。破産法を申請したデトロイトの図書館の例。

●資金難の名門大学、続々と米教育企業の傘下に http://www.nikkei.com/article/DGXNASFK0902K_Z00C13A7000000/
日本の高等教育は個人の財布に依存している。一方米国の高等教育は、寄付に依存している。それがそろそろ難しくなってきた。

●海外書籍を早く読みたい視覚障害者に朗報 世界185カ国が著作権者の許諾なしに点訳できる条約採択 http://sankei.jp.msn.com/west/west_economy/news/130629/wec13062902040001-n1.htm
「外国の書籍などを著作権者の許諾がなくても点字や音声データとして相互利用できるようにした国際条約が、モロッコで28日まで開かれた国連機関「世界知的所有権機関(WIPO)」(本部・ジュネーブ)の外交会議で採択された」。

★New York Times working on digital-only magazine, cheaper ‘Need to Know’ subscription http://www.theverge.com/2013/7/12/4518740/new-york-times-working-on-digital-only-magazine-cheaper-subscription
雑誌と新聞の融解・混合。New York Times紙が電子雑誌ビジネスに参入、「PCWorld」が紙雑誌から撤退。

●タイポグラフィの歴史を5分で説明するよ(コマ撮り動画&全訳) http://www.gizmodo.jp/2013/07/5_52.html
2ヶ月かけ、ダンボールくり貫いて作った292個の文字を並べて2500枚の静止画像を撮影し、そこからストップモーションビデオをつくって、タイポグラフィ1000年の歴史を5分ちょっとの映像にまとめた。

●タイポグラフィ初心者のためのタイポグラフィの基礎知識 – NAVER まとめ http://matome.naver.jp/odai/2137320754987327701
タイポグラフィの考え方/タイポグラフィの歴史/美しいタイポグラフィの事例/タイポグラフィのスキルを向上させるために今すぐできること/タイポグラフィの参考書籍。

●凸版、精度99.99%以上で紙の文献を全文データ化するシステムを開発 http://news.mynavi.jp/news/2013/07/03/215/index.html
「システムによって、高品質化と作業時間の短縮を両立させることに加え、ルビや傍点、縦中横、和欧混植、割り注など、従来のOCRが苦手としていたな日本語組版にも対応」。

●JAGATセミナー「EPUB制作現場の実態と今後の課題」を終えて http://densyodamasii.com/?p=1952
緊デジと電書協の遺した功罪。2013年を迎え、現場では怨嗟と諦観が充満している、とも。

●さようなら、「電子書籍」 http://wired.jp/2013/08/02/farewell-ebooks/
緊デジと電書協の遺した功罪。さ、2013年を越えて、これからどこへ向かおうか。

●フィーチャーフォンユーザーの約6割がスマートフォンに必要性を感じていない http://mmd.up-date.ne.jp/news/detail.php?news_id=1219
「料金が高い」「バッテリー持ちが悪い」ので、ガラケーで十分。

●ショップの効率化を目指すドコモ/Googleのマルチデバイス調査で見えたもの/初音ミクARライブの狙い http://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/1307/20/news008.html
ドコモの顧客接点の拡大に向けた取り組み、Googleのマルチデバイスに関する調査結果、ドコモが六本木ヒルズのメトロハットで21日まで開催しているARイベント「HATUNE MIKU AR STAGE」。いずれにせよ、ユーザーはスマートフォンのみ、PCのみといった使い方をしておらず、さまざまなデバイスを使いまわす「マルチ・スクリーン」化している。

●スマホに崩された任天堂神話 ファミコン誕生30年、復活への道は http://news.livedoor.com/article/detail/7877529/
任天堂の発表によれば、「3DS」の6月の米販売台数は22万5000台。米調査会社NPDによると、マイクロソフトのXbox360を2カ月連続で上回り、ゲーム機販売で首位となっている。

●ゲーム開発“誰でもOK” 任天堂、WiiU向けソフト世界で無償提供 http://news.livedoor.com/article/detail/7858447/
家庭用ゲーム機「WiiU」向けのゲームを開発するソフト(開発ツール)の無償配布。世界中のプログラマーに無償提供することで、開発者の門戸を広げ、WiiUの販売低迷の主因となったソフト不足を解消する考え。(このサイトでは「国外のみ」となっている http://bit.ly/1aFszad )

●ヤマダ電機、7インチサイズのオリジナルタブレット『EveryPad』発売 http://markezine.jp/article/detail/18140
創業40周年を記念して、オリジナルタブレットを開発。「ヤマダ電機のソーシャルネットワークサービスである「YAMADA Multi SNS」専用アプリをプリインストール」が、味噌。

●平成24年版 情報通信白書のポイント http://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/h24/pdf/24point.pdf
国内の企業が活用したビッグデータの流通量は平成24年に計221万テラバイト(テラは1兆)に達し、平成17年の42万テラバイトに比べ5.5倍に増えた。ビッグデータの活用による経済効果は年間7兆77百億円に達するとの試算結果。(HTML http://bit.ly/14JsCw1 )

●「平成24年版 情報通信白書」電子書籍版ダウンロードコーナー http://shop.gyosei.jp/contents/cs/info/5180996/dl4pc/JohoTushin24epubDL.html
総務省がepubで、通信白書を配信。書籍版をepubにしたものに加え、動画を埋め込んだepubも、準備。

●楽天のWebアクセス解析チームが明かす、巨大ショッピングサイトのデータ分析 http://www.sbbit.jp/article/cont1/26545?ref=130709bit
各事業部門に求められる3つの機能:解析の戦略立案やソリューションの導入、プロジェクト開始の意思決定などを行うStrategic Manager/実務面での中心となり、プロジェクトマネジメントを行いながら自身も解析業務を行うWeb Analyst/実装や開発面からのサポートを行うTechnical Leader。

●ポリタス -政治にプラス- http://politas.jp/
テレビや新聞、街頭演説など、政治家のオフラインでの発言を、テーマごとにチェックできるデータベースサイト。「憲法」「TPP」「原発」などトピックごとにバブルチャートで示し、バブルの大きさで政治家の関心ジャンルが分かる。発言はトピックごと、政治家ごとに一覧でチェック可能。発言の情報源も明記。

●1日でわかるWebサービス制作の全て ~企画から実装まで~ http://yusukebe.github.io/webservice-oneday/
6畳一間から世界を変える、それがWebサービスだ。しかし6畳一間から世界を変える、には、「とにかく手を動かすことが大事」。そして「つくり方をつくる」発想が重要。

●ノンデザイナーこそ押さえておきたい! UI/UXが学べる神スライド7選 http://www.find-job.net/startup/god-slides-of-ui-ux
「競合に負けないWebサービスをつくるため、UI(User Interface)、UX(UserExperience、ユーザー体験)にこだわるのは、もはや常識。良いUI/UXはチーム全員で考えることが、良いサービスをつくる秘訣です。エンジニアやWebディレクターも学んで損はしません」。

●ますます高まるデザインの重要性!デザイナーが立ち上げたWebサービスまとめ http://memo.goodpatch.co/2013/07/designer-founders/
創業者(または共同創業者)がデザイナーのWebサービスを8つ紹介。Pinterest/Fab/Kickstarter/AirBnB/Behance/Path/Vimeo/about.me。

●Tumblrってここまでカスタマイズできるの!?Tumblrで作った驚きのWebサイト http://w3q.jp/t/4127
海外6事例、国内5事例(ニコン、オンナノコズ、shiftbrain、イノシス、ユニクロ銀座店)

●日本の全エンジニアに捧ぐ!現在公開されているAPI一覧【2013年版】 http://www.find-job.net/startup/api-2013
行政サイドから、テレビ局から、ソーシャル・メディアから、「どうぞ使ってください」と差し出されている「API」たち。

★magic css3 animations http://www.minimamente.com/magic-css3-animations/
パワーポイントっぽい、表現の仕方、スライドの出し方を実現できる。

●『ハリー・ポッター』の世界にストリートビュー(動画) http://wired.jp/2013/07/09/diagon-alley-street-view/
ここまでやるか、Googleさん。『ハリー・ポッター』に登場するダイアゴン横町をGoogleストリートビューに追加。

●マップの特徴 – 新しい – Google マップ http://www.google.co.jp/maps/about/explore/
カスタマイズ性、ソーシャル性をベースにナビ機能や地域情報サービスが強化。ナビ機能では、目的地をクリックするだけで登録されている自宅からの経路が表示され、アイコンのクリックで交通手段を切り替えられる。地域情報サービスでは、例えば「ネットカフェ」の検索で、「地域に詳しいユーザー」あるいは「あなたのサークル」が勧める店舗をフィルタリングして検索することも。

●独創的な「ズーム」ができる折り畳み式の地図「map²」 http://wired.jp/2013/07/12/kickstarter-a-brilliant-paper-map-that-zooms-as-you-unfold-it/
これは動画を見ないとぴんとこないし、見れば魅力に引きずり込まれる。

●なんと! App Store の iPhone 有料アプリ国内市場はここ1年で半分以下に縮小! http://nousnou.net/2013/07/18/store-shrink/
あくまで限られたデータからの推定、ではあるが、市場関係者が漠然と感じていることと一致しているので、「あるいは」と思わせるレポート。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中