●【各国議会】日本関係情報

130809 MP

┃金融リテラシー あるいは資本主義のメタモルフォーゼ
ビジネスモデル、経営、成長と生産性、金融、会計、税制、経済法など

●【各国議会】日本関係情報 http://dl.ndl.go.jp/view/download/digidepo_8262631_po_02560216.pdf?contentNo=1
海外が日本をどうみているかのひとつの手掛かりが、各国議会での議論。日本でほとんど報道されない論点が数多くある。

●防衛力の在り方検討に関する中間報告(概要) http://www.mod.go.jp/j/approach/agenda/guideline/2013_chukan/gaiyou_j.pdf
環境の変化:グレーゾーン事態の深刻化/中国の、透明性が確保されない中での、軍事力の増強とその活動の広範化/北朝鮮の核・ミサイル発射の現実化/サイバー空間での障害の増大/大規模災害。(本文 http://bit.ly/1bzcx5P )

●ものづくりの発想転換~『もの』と『つくり』を分けて考えよう http://bizgate.nikkei.co.jp/article/8622701.html
「1990年代までの日本のものづくりの強みは、既に欧米に出回っているのと同じような製品を、欧米よりも高品質かつ安価につくれることだった。日本企業は生産技術に磨きをかけることで、高機能高付加価値の製品を輸出し、成熟した先進国市場もそれを受け入れた」「このため、日本のものづくりは「つくり」に没頭し、いつの間にか消費者不在になり、何をつくるべきかという「もの」を考える発想自体が希薄になってしまった」。

●日本株は「森より木」の展開、構造改革成功の銘柄堅調 http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE96U03L20130731
「日本電産は円安効果だけでなく、モーターの需要先をハードディスク駆動装置(HDD)から自動車用などにシフトしている構造転換の点を市場が評価」。

●パナソニック:構造改革で業績回復も スマホ不振は深刻 http://mainichi.jp/select/news/20130801k0000m020112000c.html
携帯電話事業は、NTTドコモのソニーと韓国サムスン電子の2機種に販促費を集中投入する「ツートップ戦略」により、劣勢に立たされている。

●人口動態がもたらすアジアの成長連鎖~「ポスト中国」はインドネシア、インドシナ、フィリピンか http://www.dir.co.jp/research/report/overseas/emg/20130808_007531.pdf
中国の人口ボーナスが戦後日本に比べ意外と短いことは次第に知られるようになってきた。しかしもう少し、スパンを広げて、アジア経済圏を眺めると、多様な発展段階の国が存在するために、日本を起点とした、先発国から後発国へ、またその後発国へという成長の連鎖が持続してきたし、そして恐らく、この連鎖はまだ終わっていない。

●インドソーシング革命:「インド」を梃子とした低コストモノづくり http://www.nri.co.jp/opinion/chitekishisan/2013/pdf/cs20130603.pdf
工作機械、エンジニアリングといった生産技術に関するものまで、インド企業に発注する事例が出始め、これは新しいトレンド。

●テーマ調査 「インドと組む」~ 日印企業によるパートナリングの実態 http://www.jetro.go.jp/jfile/report/07001444/in_partner.pdf
JETROの調査。日印の関係企業100社以上に対して行なったヒアリング中心の実態調査をベースに、インド企業との提携にかかるコツや留意点などを整理し、紹介した。

●日本企業が期待を寄せるインド市場 http://www.goldmansachs.com/japan/gsitm/funds/pdf/yomitoku_83.pdf
サプライチェーンの一角を占める話ばかりではない。「購買力を持った女性」の増加、つまり消費市場、売り場としても脚光を浴びている。

●内憂外患のブラジル経済~「5つのリスク」に対する現地の見方 http://www.mizuho-ri.co.jp/publication/research/pdf/insight/us130805a.pdf
インフレは一般大衆の生活を脅かし、社会不安をもたらす。所得増加のテンポや、失業率とのバランスが重要。

●ブラジル『通貨レアル安阻止』に動く ~3つのレアル防衛策 http://www.daiwa-am.co.jp/doc/news/news_20130805_3.pdf
なんとしてもレアル安によるインフレ加速を止めたい。

●ブラジル経済動向レポート(2013年7月) http://www.ide.go.jp/Japanese/Research/Region/Latin/Brazil/Eco2013/pdf/201307.pdf
インフレのひとつの要因として懸念されていた、運賃の値上げは全国的な抗議デモの結果、一旦撤回された。

●基調講演:「ブラジル経済を支える巨大な国内市場」 http://nipo-brasil.org/tokuho/2013/1305ts.html
日本ブラジル中央協会創立80周年記念シンポジウムにて。低所得層構成比は2003年の54%から、2011年の34%へ低下中。

●中国のシャドーバンキングの行方 http://www.canon-igs.org/column/network/20130726_2013.html
一部に誤解があるが、シャドーバンキングとは、即ち闇金融というわけではない。銀行の預金・貸出、社債・株式以外の手段で資金を融通する方法全般を指し、金融自由化商品の先駆け的要素もある。その定義より、そもそもいまシャドーバンキングが話題になるのは、「だから中国は今後だめになる」、かどうかとの関連において。この後者について、論者は楽観的。

●中国人民銀行、銀行貸付金利を自由化、預金金利の上限は変わらず http://www.mizuhobank.co.jp/fin_info/overseas/cndb/report/branches/express/express/pdf/R419-0278-XF-0105.pdf
実際の基準金利以下での貸し付けは金融機関による貸付全体の1割強。

●「中国を視る」中国経済の成長鈍化をどうみるべきか http://www.jri.co.jp/MediaLibrary/file/report/WuJunhua/pdf/6921.pdf
外部からの圧力に屈せず、自身の国の「構造問題」にしっかり向き合っていく覚悟が、現政権にはある。つまり、目先の成長率低下は、構造問題解決を成長率を犠牲にしてまでも取り組むとの、習近平政権の決意の表れ。

●米国の移民が米国経済を強くする http://www.mizuho-ri.co.jp/publication/research/pdf/today/rt130726.pdf
一般的に国家レベルでのバランスシート調整は10年が必要とされているが、米国はこれをほぼ6年で達成しようとしている(方や日本は20年を要した)。人口要因も、シェールガス革命と呼ぶ、要素のひとつと考えられる。

●日本企業にも恩恵が出始めたシェールガス革命 http://www.nikkoam.com/products/column/zipangu/130726
プラント開発、またシェールガス開発のための資材やその部品に対する需要増。またシェールガスの増産によって、大きく価格が下落した石炭を活用しようとする動きの活発化。

●『6月の米貿易赤字』大幅に改善 ~米ドル上昇トレンドに追い風 http://www.daiwa-am.co.jp/doc/news/news_20130808_1.pdf
このところの円安への振れの、背景解説。6月の輸出は石油製品、通信機器などの資本財が好調で、前月比2.2%増の1,912億ドルと過去最高額。「シェールオイル」「シェールガス」の増産効果による石油製品の輸出増加と原油の輸入減少がダブルで貢献。

●米国のQE3縮小で何が起きるのか http://www.murc.jp/thinktank/economy/easy_guide/haya_130808.pdf
市中からの資金引き揚げ→金利の上昇→ドルの増価。
┃Others あるいは雑事・雑学

● “Vivaldi Tribute” (Patrick Rondat) Tina S cover – YouTube http://www.youtube.com/watch?v=DIGfO2Dgc9Y
ヴィヴァルディの代表作「四季」の『夏』。メタル調にアレンジされた四季の夏をメロメロメロメロと超高速演奏する。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中