★Five Reasons the Worldwide Ebook Market Saw Huge Growth in 2013

140117 PS

┃ebook あるいは知のパラダイムシフト
ICT、情報、知識、検索、学習、意思決定、ソーシャルメディアなど

★Five Reasons the Worldwide Ebook Market Saw Huge Growth in 2013 http://www.digitalbookworld.com/2014/five-reasons-the-worldwide-ebook-market-saw-huge-growth-in-2013/
「Digital Book World」でのコメント。米英以外の国(日本含む)の第三市場の急成長。特にアマゾン、アップル、コボ以外の欧州企業のサイトがアフリカ、アジアへ進出し始めた。

●eブックの価格と販売量を分析する―英米で大きな傾向の相違があった http://jp.techcrunch.com/2014/01/16/20140115ten-things-you-may-not-know-about-ebook-prices/
米国では10ドル以上の高価格帯のものがしっかり売れている。しかし英国ではそうはなってない。

★E-Reading Rises as Device Ownership Jumps http://pewinternet.org/~/media//Files/Reports/2014/PIP_E-reading_011614.pdf
2014年1月2日から5日にかけて、18歳以上の米国在住者1,005人を対象にして行われた電話調査。42%の回答者がタブレット端末を、32%の回答者が電子書籍リーダーを所有。いずれかを所有している回答者は50%以上。しかも、電子版を読んだからと言って紙をやめる、といったことはなかった。

★Oyster Unlimited books for just $9.95 a month https://www.oysterbooks.com/
米国の月額読み放題サイト。10万タイトル。過去に自分が読んだ本のデータを踏まえたレコメンド機能、自分の友人が読んでいる本を知ることができる機能、運営チームが手動で本をピックアップして紹介してくれる機能がある。

★Beneath the Ink http://beneaththeink.com/
EPUB・Kindle用電子書籍ファイルにインタラクティブ機能をドラッグ&ドロップ形式で追加できるASPサービス。アプリ並みのインタラクティブ性を25ドル程度で追加できる。「Digital Book World 2014カンファレンス」で優秀賞。

★”Look Inside” Book Preview with BookBlock http://tympanus.net/codrops/2014/01/14/look-inside-book-preview-with-bookblock/
アマゾンの「中見!検索」的機能をHTMLで実現するコードを公開。プロモーションのデジタル化がテーマ。

●桜新町の主婦が教えるGrowth Hack http://www.slideshare.net/sazae_f/growth-hack-29322701
ソーシャルメディアを駆使して、企業やサービスを急成長させる仕掛け人、それがグロースハッカー。彼らのノウハウを簡単整理。プロモーションのデジタル化。

●海外における新興ウェブメディアの隆盛 〜12のメディアから見えてくるもの http://media-outlines.hateblo.jp/entry/2014/01/16/001640
バイラルメディアについて。これは、ソーシャル系サイトでユーザーが共有したくなるコンテンツを発信し、一気にネット上で拡散させることにより、膨大なトラフィックを獲得しようとするメディアサイトのこと。急成長中だが、その背景にはフェイスブックがメディアサイトとの連携を強化していることがある。メディア記事リンクの投稿などを、ニュースフィードで優先的に表示している、と言われている。

●分かりやすく、使いやすいデザインを生み出す工夫 http://www.slideshare.net/schoowebcampus/20131225schoo
「わかる」と「伝わる」の間の橋渡し方について、と、アプリの場合とWebの場合とで、ユーザーの視線の動きは違う。クックパッド/デザイン部責任者のプレゼン資料。

●SVGファイル大解剖 : Illustratorによる作成から、Web書き出しまで http://photoshopvip.net/archives/58575
SVGフォーマットは、W3C(World Wide Web Consortium)によって開発、メンテナンスされていて、EPUB3でも扱える。実装という意味で、ここにきてInternet Explorer 9を含む、主要ブラウザがSVGファイルに対応するようになり、普及期に。

●iOSで使える日本語OKな音声読み上げエンジン8種(TTS,音声合成) http://qiita.com/shu223/items/223492e4f061032e652e
長所と短所を比較しながら。

●日本初・プログラミング必修「コードアカデミー高校」が開校へ クラウド活用の通信制 http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1401/08/news132.html
プログラミングを必修科目とした日本初の広域通信制・単位制課程普通高校「コードアカデミー高等学校」。

●通信教育教材、相次ぎタブレット化 端末による学習で効率向上か http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140112-00000501-san-soci
インフルエンザで休校のとき、不登校の子供用に、災害自宅待機時など、タブレット教育の出番は平時だけではない。

●受験勉強ツール、進化中 いざセンター試験 http://www.asahi.com/articles/ASG1641J2G16UTIL00G.html
教育のデジタル化の一場面。参考書を買える書店もなかった離島であっても、インターネットを通じたオンライン予備校なら、大手予備校がひしめく都市部と変わらない受験環境を手に入れることができる。

●図書館にマーケティングを! アメリカ公共図書館の取り組み http://blog.calil.jp/2013/12/marketing.html
「アメリカの図書館員もシャイで内向的な人が多いが、少しずつ意識を変えてここまでやってきた。やり方がわからないなら専門家に頼ればいい。資金がないなら、獲得のために動けばいい。一部の利用者のためだけにニーズを絞ったサービスが難しいとは言え、すべての利用者のためのサービスなんてできないのだから、絞り込むしかない。結果的にそれが功を奏するものだ」。

●NAXOS JAPAN | NVL http://naxos.jp/nvl/
「自宅からでも」が「売り」。図書館が一般の人に提供する、B2Bモデル。コンサート、オペラ、バレエなど、クラシックを中心とした 1,700 以上の音楽作品(2013年 11 月現在)をオンラインで配信するサービス。

●我が子にiPhoneを1人ぼっちで使わせない | 子どものスマホ利用、親の対策は http://dual.nikkei.co.jp/article.aspx?id=1616
「家族同士でLINEで連絡を取り合うと、子どもの使い方を「見守れる」」。

●子ども向けサイト「キッズパーク」 http://www.kids-p.jp/
「キッズパーク」ではユーザーと企業の架け橋になるべく、専門のスタッフが目利きした良質な子供向けサイトを厳選してコメント付きで掲載。現在、大手企業や政府機関を中心にして、約200サイトの子供向けサイトを紹介しており、来年には倍の400サイトに拡大予定。

●国語や英語の授業にレゴ導入、 StoryStarter を小中学校や高校に販売。PCやタブレットとも連携 http://japanese.engadget.com/2014/01/15/storystarter-pc/
「特定のテーマについて、グループディスカッションしながら物語を作り、レゴ ブロックで主要なシーンを組み立て撮影、画像をタブレット端末やパソコンに取り込んでプレゼンテーションを行う」。

●自分の英語文書をマイニングして次に学ぶべき単語リストを自動生成する方法 http://d.hatena.ne.jp/rkmt/20140114/1389687306
「私が使っていないが私が関係する分野での使用頻度が高い」単語集を作る方法論。ツールを作った方の報告。rubyスクリプトと、既存のTextTaggerという形態素解析(品詞解析)ソフトとの組み合わせ。MacOSでのみだが、使ってみるといいかも。

●ツイッター混沌の歴史と知れば知るほど深まる謎 http://business.nikkeibp.co.jp/article/world/20140110/258059/
ツイッターが現在に至るまでには、「誰もが自由に情報を発信できるプラットフォーム(ブログ的・メディア的性格)」を志向するか、「ステータス・アップデート(日常のちょっとした事柄を通じて「自分を表現する」)」を目指すかの、相克があった。グーグルとアップルの良いとこ取りの結果が今のtwittereかもしれない。

●2014年のはじまりはメディアの変化を思い知らされた http://blogos.com/article/77684/
「スマホによってデジタルメディアがほんとうの意味で生活に根づくのだ」。

●2014年、これからのソーシャルメディア・トレンドを探る http://media.looops.net/saito/2014/01/14/socialmedia_trend/
「3. Google+ 今年はGoogle+が重要になる。月次アクティブユーザーで、Facebookの12億人、Twitterの2.3億人に対して、Google+は3億人に達している。Google+はソーシャルメディアとしても大切だが、SEO効果と連携するため、ビジネス視点では他のメディアを凌ぐ価値があると言えるだろう」。

●2013年にメッセージとソーシャル関係アプリ、203%の急成長―他のすべての分野をしのぐ http://jp.techcrunch.com/2014/01/14/20140113messaging-app-usage-grew-203-in-2013-leading-all-other-categories/
「メッセージ・アプリはそれ自身をプラットフォーム化できる可能性がある」とFlurryは述べ、日本を本拠とし韓国企業が所有するLINEを例に挙げている。

●日刊ゲンダイ|ネットニュース編集者・中川淳一郎氏が語る“SNSの未来” http://gendai.net/articles/view/life/147147
今は異常、と。そしてこれから変わる、とも。「一時期、SNSを礼賛した人が撤退し始めている。SNSの利用価値を冷静に判断するようになってきたのだと思います。(SNSはもう廃れる?)というか、正しい利用方法を考えた方がいい。それは宣伝ツールと割り切ることです」。

●2014 展望:Amazon CTO が語る 4つのトレンド http://bit.ly/1dp5LPb
「クラウド上のデータとは、デバイス(デスクトップ/ラップトップ/スマートフォン/タブレット)から切り離されたものであり、また、何処からでも利用できるものである。つまり、「 私たちが使用するデバイスや、私たちの居場所に関係なく、自身のコンテンツやサブスクリプションにアクセスできる」もの」。

●荷物15億個の伝票をデジタル化、ドライバーの知をビッグデータに変えるヤマトホールディングス http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20131001/507951/
配達しても顧客が不在で荷物を持ち戻る「空振り」を減らすのが狙い。コストも削減するし、ユーザー利便性につながる。また環境への配慮にも。ビッグデータ分析から価値を引き出せる業種の代表例とも言える。今後は、基礎的な統計などの知識はもちろん、ITの素養があり、そしてヤマトグループの現場を熟知した、人材の育成が課題。

●モノのインターネットを構築する「Mother」。歯ブラシなど日常のモノが情報を自らやり取り http://jp.techcrunch.com/2014/01/09/20140108mother-sense/
「まるで(口うるさい)母親のように、いろいろなことを注意してくれる」システムの名称が「mother」で、それを支える具体的な部品名が「Cookie」。

●マイクロソフトが考えるInternet of Things:後編–人とつながるITの時代 http://japan.cnet.com/sp/iot2014/35041956/
マイクロソフトが「ブラ」に関心?「スマートブラ」は心拍数を図る目的で開発された。

●インテル、「モノのインターネット」本格普及を強調 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140108-00000041-wsj-bus_all
高機能イヤホン。ワイヤレスでスマホと接続し、利用者が「ここから一番近いインド料理店はどこか」などと問いかければ、ソフトウエアから音声で回答が得られるというもの。「より重要なのは、恐らく「エディソン」と呼ばれる極小の回路基板だろう。これは衣服などに人工知能を搭載し、ウエアラブル端末に変えることを可能にするプラットフォーム」。

●Bluetooth 4.1が策定 – モノのインターネットの実現に向けた機能・仕様強化 http://news.mynavi.jp/news/2013/12/09/009/
「例えば、1つのスマートウォッチを、スマートフォンの周辺機器としてスマートフォンのメッセージを表示しながら、同時にハブとしてBluetooth Smart心拍計からデータを収集するといったことも可能となる」。

●Google、スマート・サーモスタットなどインターネット接続家庭用品のNestを32億ドルのキャッシュで買収 http://jp.techcrunch.com/2014/01/14/20140113google-just-bought-connected-device-company-nest-for-3-2b-in-cash/
「Googleは過去にインターネット接続のAndroid at Homeなどスマート家庭用品デバイスの開発を試みて失敗している。その点Nestは優れたデザインと機能のデバイスの開発、すでに市場に受けいられている。 将来Googleが必要とするに違いない分野で成功を先取りしている」。

●「モノのインターネット」が手の届く範囲に http://jp.wsj.com/article/SB10001424052702304387404579305232857619944.html?dsk=y
「シスコの予測では、今後は無線接続がスマートフォンやパソコンにとどまらずそれ以外の機器へと広がり、インターネットに接続する機器の数は現在の100億点から20年には500億点に増える」。

●「モノのインターネット」普及を目指すAllSeen Alliance発足 http://wirelesswire.jp/Watching_World/201312111359.html
米国の話。参加を表明したのは、クアルコム、LG、シャープ、ハイアール(Haier)、パナソニック、シスコシステムズ、シリコン・イメージ(Silicom Image)、TP-リンク(TP-LINK)など23社。

●総務省|オープンデータ戦略の推進|オープンデータとは http://www.soumu.go.jp/menu_seisaku/ictseisaku/ictriyou/opendata/opendata01.html
「オープンデータ」の定義:機械判読に適したデータ形式で、二次利用が可能な利用ルールで公開されたデータ。

●政府、オープンデータ活用サイトを12月20日に開設 http://www.nikkei.com/article/DGXNASFK19012_Z11C13A2000000/
「データを利用する側からは、著作権を保ったままデータを自由に流通させることができる「クリエイティブ・コモンズ・ライセンス」にのっとった点が注目される」。

●ゆめぱの活躍とマーケットデータの活用 http://www.mercer.co.jp/survey-reports/1572245?siteLanguage=104
決済機能は、その結果としての購買活動の履歴を産みだすことにもなる。ビッグデータ発想が求められる領域。

●ホリエモン「日本のカード・信販会社の終焉が見えてきた」 http://dot.asahi.com/wa/2014010800044.html
決済ビジネスにも、スマホ・アプリの事業発想がないとやっていけないよ、という話。

●急増する小型・軽量のWindowsタブレットに勝算はあるか? http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20140114/1054539/
パソコンの側からタブレットに接近して、市場を奪い返そうという動き。それが、2012年にマイクロソフトが提供を開始した「Windows 8」であり、「タッチ操作ができるパソコン」。

●ジオ系アプリ「RecoCheck」位置情報に応じたオススメ観光スポットを通知する「ジオフェンシング」の実証実験をニューヨークで開始! http://www.recruit-lifestyle.co.jp/news/area/news1088_20140107.html
リクルートライフスタイルが運営するジオ系アプリ「RecoCheck」は、「地球の歩き方 ニューヨーク」のコンテンツデータを搭載し、130以上の観光スポットの中から利用者の位置情報に応じたオススメ情報を配信する「ジオフェンシング」の実証実験を、1月7日より開始。

●日本アニメーションガイド ロボットアニメ編 http://mediag.jp/project/project/images/robot_animation_report.pdf
「鉄腕アトム」、「ドラえもん」から、「創聖のアクエリオン」、「ヱヴァンゲリヲン新劇場版シリーズ」、「マクロス F(フロンティア)」まで。

E:tips 他(原則コメントは付さず、クリッピングだけしています)
●人物写真を無料でダウンロードできるフリー画像素材サイト7選 http://www.switch-info.com/?p=2688

●SIM通 SIMフリー版iPhone 5sで『OCN モバイル ONE』を使ってみた http://sim.oshiete.goo.ne.jp/colum/20140108/
実際に使えるようにするのは、結構面倒。

●「OCN モバイル ONE」より「プリペイドSIMカード」が新登場 国内初となるコンビニエンスストアで販売を開始 http://www.ntt.com/release/monthNEWS/detail/pdf/20131213.pdf

●業界最安値、⽉額680円の⾼速モバイルデータ通信サービス「U-mobile*d」 「Amazon.co.jp」にて販売開始 http://p.unext.jp/pdf/amazon_announce20131216.pdf

●カメラとスマホの無線LAN接続カード、オススメはどれ? http://k-tai.impress.co.jp/docs/column/minna/20131225_628356.html
直接カメラとスマートフォンやタブレットを繋げる「Eye-Fi Mobiカード」という製品が登場。使い分けの進め:自動的に全ファイルを転送するタイプ(例:Eye-Fi Mobi) =誰かにすぐに見せたいとき、イベント、商品や人物撮影/欲しいものだけ選んでダウンロードするタイプ(例:FlashAir) =旅行、落ち着いた時間の取れるとき、普段はそんなに取り込むニーズはないが、ごくたまに必要になるとき。

●スリムにして整える。情報の整理整頓の考え方 http://enterprisezine.jp/bizgene/detail/5490
ゴミ(削除するもの)が出なければ整理したことにはならない。そこで求められるのはジャッジする力。(会員記事)

●2013年に話題になったデザインに関する「考え方」が変わる記事14選 http://creive.me/archives/3962/
【こんなにも凄い】色が人の心理と行動に与える影響とは【btrax】/Webデザインのスキルを磨こう!Webサイト模写のススメ/ノンデザイナーズデザインブックを読み解く/レイアウトが考えやすくなるデザインのルール/

●検索順位をチェックできるSEO支援ソフト「Rank Reporter」無料版が公開 http://www.forest.impress.co.jp/docs/news/20140114_630659.html

●もはやStingerには見えない!参考にしたいWordPressカスタマイズブログ集 – 副業ハック http://www.medi-qa.com/wp/stinger_blog.html

●ライフログの革命かも!位置情報とSNS投稿を自動でまとめてEvernoteに自動送信まで出来るiPhoneアプリ「AutoDiary」が凄い。 http://frnk.hatenablog.jp/entry/2014/01/14/020500

●特定のジャンルに特化したデザインギャラリーやショーケースのまとめ | NxWorld http://www.nxworld.net/inspiration/specific-genre-design-gallery-and-showcase.html

●まだ使ってない?確定申告を超カンタンにしてくれるクラウドサービス5選 | 無料の見積・請求書管理サービス http://www.misoca.jp/blog/tax_cloud_services

●bizNote Cloud Service Beta https://secure.biznote.jp/
経費精算アプリ「bizNote Expense」小規模企業向けサービス。従業員向けのスマートフォンアプリは無料。経営者/管理者向けのクラウドサービスも、初期費用ゼロ、月額390円から。

●諸外国における生命倫理に係る法制度の現状と最新の動向に関する調査 http://www8.cao.go.jp/cstp/tyousakai/life/hokoku/1_1.pdf

●生命科学研究と生命倫理 http://www.mizuho-ir.co.jp/publication/column/2013/1217.html

●広告業界の学術俯瞰 https://www.data-artist.com/atelier/20131209.html

●英国政府、アラン・チューリングに没後59年目の恩赦。計算機科学の父 http://japanese.engadget.com/2013/12/24/59/

●みかんの皮でアート♪おもしろ可愛い「みかんのむきかた」10選 http://www.rankingshare.jp/rank/rstvilwbky

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中