●マクルーハンと「メディア論」をソーシャル時代に改めて考えてみる

D:技術で/技術が/技術を(ICT:ストラクチャ・インフラ・法の視点)

●マクルーハンと「メディア論」をソーシャル時代に改めて考えてみる http://www.huffingtonpost.jp/kazuhiro-taira/media_b_5170253.html
「マクルーハンが提供するのは実践的アドバイスではなく、新たな視点やアイディア。それによって企業に再考を促す。そこにこそマクルーハンの価値がある」。

続きを読む

●ECインフラ覇権争いに日本郵便、参戦か 「EC-CUBE」とつながり、中小ECサイトを支援

C:呼び交い、手を繋ぎあうモノたち(ICT:産業・政策の視座から)

●ECインフラ覇権争いに日本郵便、参戦か 「EC-CUBE」とつながり、中小ECサイトを支援 http://markezine.jp/article/detail/19472
「物流というインフラは、ネットとリアルをつなぐための要」。住所変更があった場合、すぐに訂正データが入ってくるのが郵便局の強み。

続きを読む

●“独立”する富裕層  – NHK クローズアップ現代

 

┃Post Modern あるいは再編成されるLife(生活/生命/人生)
環境、ケア、家族、地域、仕事、消費、教育、社会保障、時間など

●“独立”する富裕層  – NHK クローズアップ現代
http://www.nhk.or.jp/gendai/kiroku/detail02_3488_all.html
包摂の放棄と断絶の構造化で果たして、社会は成立するのか。「アメリカの自治体で今、異変が起きている。「州」の下の行政区分である「郡」から“独立”するCITY=「市」が相次いでいるのだ。独立運動の中心は高級住宅地に住む富裕層。その動機は「所得の再分配」に対する不満と「効率の悪い政府」への反発だ。彼らは、自分たちで「市」の境界線を決め、州議会を動かし、住民投票を実施。法にのっとり独立を成し遂げている」。

続きを読む

●ものづくり現場でのもう一つの3Dプリンタ活用方法

 

┃金融リテラシー あるいは資本主義のメタモルフォーゼ
ビジネスモデル、経営、成長と生産性、金融、会計、税制、経済法など

●ものづくり現場でのもう一つの3Dプリンタ活用方法
http://www.mizuho-ir.co.jp/publication/column/2014/0422.html
試作品・模型製作、DM(最終製品や部品を直接3Dプリンタで製作するダイレクトマニュファクチャリング)の他にも、3Dプリンタを活用する方向性がある。中間財と呼ぶべきものを3Dプリンタで造形し、その他の従来加工法と組み合わせることで、最終製品のものづくりを効果的に進める、などがそれである。

続きを読む

●スカイコム、直筆の手書きサインを実現する「SkyPDF for sign Tablet 

B:暮らしと職場の風景を変えていく(個人の意思決定と情報社会)

●スカイコム、直筆の手書きサインを実現する「SkyPDF for sign Tablet http://news.mynavi.jp/news/2014/04/24/054/
日常の決裁過程や対面業務をデジタル化。Microsoft Office(Excel、Word、PowerPoint)などで作成したPDF文書に、ペンタブレットを手書きサイン入力デバイスとして利用することで、直筆の手書きサインを行うもの。オフィス内だけでなく、生命保険やクレジットカードなど、加入申込手続きを行う際の来店型・訪問型ビジネススタイルにも。

続きを読む

●塩野七生『ローマ人の物語【電子書籍】』

140425 PS

A:ebookから<学習・教育のデジタル化>へ

●塩野七生『ローマ人の物語【電子書籍】』 http://www.shinchosha.co.jp/blog/special/E016161.html
4月25日に日本語版と英語版の第1巻を同時発売。米国、イタリア、インドなど各国のアマゾンのサイトで購入。紙についてはこれまで、韓国、台湾、中国でも翻訳版が刊行されているが、英語版の刊行は初めて。電子版は15巻完結で、年内に全巻の刊行を終える予定。

続きを読む

●「ことば」への違和感から

140418 PS

┃ebook あるいは知のパラダイムシフト
ICT、情報、知識、検索、学習、意思決定、ソーシャルメディアなど

□ebookから<学習・教育のデジタル化>へ

●「ことば」への違和感から http://blog.iaspectrum.net/2014/04/07/bergson/
「ことばによる「理解」は、生きるという経験のごく一部でしかない。生きていくためにとても重要なことだけれど、それがすべてではないはず」。確かに。しかしベルクソンの問題意識、「意識に直接与えられているもの」ではない「ことば」が、コンピュータからダイレクトに脳へ送り込まれる時代がすぐそこに来ている、時節でもある。

続きを読む

●アオザイ美人が絶滅する日 世界一スリムな女性たちの子供がなぜこんなに太っているのか?

 

┃Post Modern あるいは再編成されるLife(生活/生命/人生)
環境、ケア、家族、地域、仕事、消費、教育、社会保障、時間など

●アオザイ美人が絶滅する日 世界一スリムな女性たちの子供がなぜこんなに太っているのか?
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/40276
沖縄と同じことが起きている。女性の肥満率が人口の0.6%という驚異的に痩せてる国ベトナム(日本は3.3%、米は34%)、でも近代化のなかで子どもが肥ってきている。「米食中心(パンは太りやすいらしい)、野菜中心、野菜も炒めるのではなく煮る、清涼飲料水よりもお茶が好きなど。ベトナムの食生活にはダイエットにつながる要素が満載であり、日本のかつての食生活との共通点も非常に多い」。

続きを読む

●競合という概念の消失(企業も個人も)

┃金融リテラシー あるいは資本主義のメタモルフォーゼ
ビジネスモデル、経営、成長と生産性、金融、会計、税制、経済法など

●競合という概念の消失(企業も個人も)
http://d.hatena.ne.jp/Chikirin/20140404
「勝っている企業はむしろ「どことも競合していない」ことが、その勝因であるかのように見えています。これが「ブルーオーシャン戦略」と言われるものです」。

続きを読む