●教科書やノートがタブレットに変わる日 – 東京都・目黒区第一中学校によるICT教育の実証研究

D:<学習・教育のデジタル化>と<脳と身体の生態史観>

●教科書やノートがタブレットに変わる日 – 東京都・目黒区第一中学校によるICT教育の実証研究
http://news.mynavi.jp/articles/2014/04/21/microsoft/
日本マイクロソフト、NEC、NTT東日本といった企業も参画。記者発表では、記者を対象にWindowsタブレットを用いた模擬授業をやったらしい。知恵者は誰なんだろう。具体的な実施事例・研究授業のひとつが「創作ダンス」の授業。うん、これも目の付け所が面白い。

●教科書のデジタル化で知性はアップするか?
http://toyokeizai.net/articles/-/32765
米国の話。「オバマ政権は高速インターネット接続を、今後2年間に全米の1万5000校に導入すると公約している。また、オバマ大統領は2月28日、ソフトウエア大手のアドビとプレジが計4億ドル相当の製品(教師向けの研修を含む)を学校に無償提供することを明らかにした」。

●学びのイノベーション事業実証研究報告書(概要)http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/26/04/__icsFiles/afieldfile/2014/04/11/1346534_01.pdf
日本での実証実験結果。市販の学力テスト「CRT(標準学力検査)」や「全国学力・学習状況調査のデータ」で点検したところ、ICTを使った授業で学力向上が認められた。またデジタル教科書について、小学校では、全教科・全学年で80%以上の児童が「使いやすい」と評価。中学校では、全教科・全学年でおおむね75%以上の生徒が「使いやすい」と評価。(本文 http://bit.ly/1pVfwN3 )

●研究室リテラシー教育スライド

<教育のデジタル化>に関するヒントがいっぱい。また「評価社会でのリテラシー」という視点は、研究者に限らない、社会人一般が念頭に置くべきコンセプトで、そのためのTIPS集としても読めるスライド。

●iPadで体験しよう!キッズプログラミング講座
http://bit.ly/1njOH2N
Hopscotchという子供向けのコーディング、視覚プログラミング言語を使って、虫(?)たちがクリスマスツリーをかたどる様子を、なんと小学5、6年生に教えた。

●もっと誰でもアプリ開発! プログラミングスクール「Tech Institute」が教材をCCライセンスで公開
http://www.lifehacker.jp/2014/05/140501tech_institute.html
早稲田大学エクステンションセンター、サムスン電子ジャパン、角川アスキー総合研究所の三者がタッグを組んで運営する講座の「教材」を公開。公開条件は「クレジットを表記すること/非営利目的であること/改変を行った際には、同じ組み合わせのCCライセンスで公開すること」。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中