●ネット動画に字幕の時代が迫っている!?

B:暮らしと職場の風景を変えていく(個人の意思決定と情報社会)

●ネット動画に字幕の時代が迫っている!?
http://blogos.com/article/85865/
「視覚障害者や難聴の人も、いまや一般の人と同様、それ以上にパソコンやモバイル機器を活用する時代なのだし、テレビで流れるビデオがオンラインで配信されるのも当たり前なのだから、ネット配信のビデオなどにもCCが付いて当然」。「CC」はClosed Captionの略。映像内に使われている音声情報の内容を、聴覚障害者に伝えるために文字情報として表示する技術。通常、映画などの字幕では会話だけを文字にするが、CCではBGMや効果音などの説明も文字情報となる。

●字幕付きCMに関する現状等
http://www.soumu.go.jp/main_content/000273511.pdf
放送番組そのものについては、「字幕、解説音声等にかかる制作費に対して、2分の1を上限として助成」が行われ、かなり実績をあげている。CMについては、国の助成は当然期待できない。スポンサー企業がどこまで踏み込むかが課題。

●国内外のCMへの字幕付与状況等に 関する調査研究 - 概 要 -
http://www.soumu.go.jp/main_content/000273483.pdf
2007年からの政府指針に沿い、テレビ局は障害者のための「字幕付与」に取組み、現状は7、8割達成している。字幕付与が遅れているCMへの字幕付与を行うにあたって、付与に伴う効能の調査、製作の実態(追加の手間=1週間程度、追加費用=20万円程度)、さらに諸外国における字幕付きCMに関する法制度などの現状を調査した。

●「CC(クローズド・キャプション)字幕付きTVCMトライアル放送2014 制作・入稿作業進行要領」
http://www.jaaa.ne.jp/wp-content/uploads/2014/04/584fb66918b421778bd2fb9b4cec5a56.pdf
一般社団法人「日本広告業界」によるガイドライン。

●NICTユニバーサルコミュニケーション研究所の音声処理・多言語翻訳技術
http://www.soumu.go.jp/main_content/000272417.pdf
利用シーンを明確化することと、短文(6語から15語)にすることで、高精度の翻訳が可能に。さらに機械学習で精度向上もはかられる。

●あなたがGoogle+ローカルページを絶対に管理しなければならない理由
http://www.suzukikenichi.com/blog/why-you-must-manage-google-plus-local-pages/
Google+ローカルページはGoogleが自動で作成する。いつの間にか、できている。管理する意識と、その具体的な実践が大事。最低限、「ソーシャルネットワークとしてのGoogle+を利用しないとしても、Google+ローカルページの情報はすべて正しく登録しておくことを推奨します」。

●スマートフォンからのネット利用者は直近1年間で1,100万人増加
http://www.netratings.co.jp/news_release/2014/04/Newsrelease20140423.html
ニールセンによる、2013年度(2013年4月~2014年3月)のネット利用動向の発表。スマホからの利用が多いのは、Google、Yahoo、LINE。昨年からの一年間での増加率が高いのは、AmazonとLINE。

●2014年5月コミュニケーションアプリに関する調査
https://mmdlabo.jp/investigation/detail_1302.html
LINEのチャット利用は9割、無料通話利用は7割。電話会社には脅威。

●ソフトバンク最高益、初のドコモ超えを達成!14年3月期
http://iphone-mania.jp/news-29354/
会社立ち上げ以来の最高益となったソフトバンク。ガンホー・オンライン・エンターテイメントとウィルコムの子会社化に成功。買収前から保有していた両社の株式評価益が2,539億円となったことが営業利益を押し上げた最大の要因。短期的な解説としてはこれで正解。アイホン紹介で日本社会を刷新することになった功罪は、後の世がきめることになるのだろうけれども。

●「iTunes Match」が日本でもスタート、年間3,980円
http://www.phileweb.com/news/d-av/201405/02/34888.html
iTunes Storeで購入したもの以外の楽曲は2万5000曲まで、1ファイルは200Mバイト以下、1曲は2時間以下という制限がある。また、DRMで保護されている曲はiCloudにアップロードされない。

●uttoku (ウットク) – ブランド品を売って得するサイト
https://uttoku.jp/
グリーのブランド品買取サービス「uttoku」。対価として現金以外に各種の電子マネー、クーポン、ポイントへの交換、チャリティへの寄付が可能。Amazon.co.jp の「Amazon ギフト券」をはじめ、飲食店などで使えるぐるなび「ぐるなびデジタルマネー」、全日本空輸の航空券や旅行商品購入にあてられる「ANA SKY コイン」などを選べる。

●【伊藤元重東大教授】クラウドが変えるリアルビジネス、Amazonは何をもたらしたか
http://www.nikkeibp.co.jp/article/tk/20140430/395095/
圧倒的な品ぞろえと魅了的な値段を提供することで、地域の専門店を閉鎖に追い込むので「キラー」と呼ばれたのが、トイザらスなどの「カテゴリー・キラー」。これに対し、データの構造化とその解析技術、それをクラウド上に集約する発想で驀進中なのが、アマゾンに代表される「カテゴリーキラーの“キラー”」。「興味深いのは、こうしたネットのパワーが、リアルビジネスである物流やロジスティックスにも大きな変化を起こしているということ」。クラウドの出現によって、ICTが本格的にリアルビジネスを変革しようとしている。

●AmazonがTwitterと連携、「あとで買う」を実現する新機能「#AmazonCart」登場
http://gigazine.net/news/20140507-amazoncart-hash-tag/
「あとで買う」機能として使える#(ハッシュ)タグ「#AmazonCart」。気になる商品ツイートを発見したときにAmazonサイトへアクセスし直すことなくTwitterから即座に商品をAmazonカートに追加することが可能になる。

●プラットフォーム・コンテンツ、あるいはコミュニティコード論
http://wirelesswire.jp/digital_butterfly_economy/201405032329.html
ライフスタイルごとに消費パッケージ、好む商品群が異なる。その延長線上に「文脈」の違いが横たわる。ここで「文脈」を「コード」と言い換えた方がいいのかもしれない。最近、広告が効かなくなってきた、というのは、「このコード生成ロジックが商品情報の出し手側、あるいは商品情報の出し手サポートとしてのメディア側に無いから」なのかもしれない。単に、ネットやスマートフォンが広がったからというデバイスの多様化の話にすり替えてはならない。

●話題を食い荒らす、ネットの「コンテンツイーター」を防ぐには
http://www.huffingtonpost.jp/jyohonetworkhougakkai/media-content_b_5271208.html
新潟から始まって、いまや全国共通用語になりつつある、「美少女図鑑」をモデルケースに、地方におけるメディアのあり方を考えてみた。全国制覇は考えないし、ソーシャル・メディアからも距離を置く。地域で自給自足する。あくまで共感をベースに。たとえば、「クーポンを付けない」「センスや共感を売ることで集客と既存顧客の満足につなげたいと考えています。広告を掲載するにしても、写真集のような感じで、いわゆる広告色は押さえるように意識しています。広告収入に依存した運営ではないだけに、美少女図鑑単体ではあまり利益を上げることは出来ません」。

●「マイルドヤンキー」は地方文化か
http://sankei.jp.msn.com/life/news/140505/art14050513000004-n1.htm
「ヤンキー」であるにもかかわらずアウトロー性を失い、東京幻想をもたず、身の丈にあった自己実現を好み、地元の仲間を家族同様に大切にする、「マイルドヤンキー(「反社会性」の脱色)」。このトレンドを「地方」と「ブルーカラー」だけにひも付けては、事態を見間違う。戦後的な中流文化の崩壊、その象徴として「マイルドヤンキー」をとらえること。「そう、実際に起こっていたのは、全国的なポスト戦後的なライフスタイルの勃興なのだ」。都市でも、ホワイトカラーでも、「反社会性」という、なお「社会」との機縁を持った概念、それが絶滅危惧種化していっている事態に注意。デジタル化がその背後にうごめいている、のかも。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中