●【原宿に上陸!!!】YouTubeで2億回再生、世界中で大ブームのPV「HAPPY」

B:暮らしと職場の風景を変えていく(個人の意思決定と情報社会)

●【原宿に上陸!!!】YouTubeで2億回再生、世界中で大ブームのPV「HAPPY」 http://tabi-labo.com/10706/harajukuhappy/

「ハッピー」はもともと、アニメ映画「怪盗グルーのミニオン危機一発」のサントラとして制作された曲。リリース直後はさほど話題にならなかったが、インターネット上でプロモーションビデオの人気に火が付き、この曲に合わせて踊る動画が世界中で流行。「ソーシャル」が爆発している。

●Instagramから見る「ソーシャルの可能性」 http://bylines.news.yahoo.co.jp/unakamishinobu/20140522-00035571/
Webとリアルを「同時性」を以てつなぐこと。「“オフ会”はパソコン通信時代に始まり、インターネットの匿名掲示板を通じても開催されていますが、スマートフォンが普及した現在では常にオンライン状態にあることがポイント」。もうひとつのポイントがハッシュタグ。関心の交通整理が、個人の側で可能になる。「同時性」でテレビの前にマスをくぎ付けにする20世紀型メディアとの違い。

●視聴率だけが売上を左右する時代の終焉~個人の自由時間と放送外収入の獲得を目指すテレビ局 http://gendai.ismedia.jp/articles/-/39375
番組表という仕掛け、「同時性」でテレビの前にマスをくぎ付けにする20世紀型メディア、の終焉?

●これが新しい番組ナビの形?:テレビが視聴者の興味を“推定”して、番組をオススメ! http://eetimes.jp/ee/articles/1406/02/news028.html
ソフトバンクの「pepper」も人間の表情を読み解く。ここではテレビに取り付けたカメラが、視聴状況(テレビを見ているのかどうか)と、喜びや驚きといった表情を検出し、番組の内容とひも付けて、視聴者の興味を推定する。

●「トルコ人女性の7割はゲーマー」「インド人がガチャを回さない理由」アナリストが教える新興国のゲーム市場。 http://appmarketinglabo.net/indianocean-market/
東南アジアのゲーム市場/南アジア(インド)のゲーム市場/中東、北アフリカのゲーム市場/サハラ以南アフリカ(南アフリカ、ナイジェリア)ゲーム市場。たとえば、35-44歳のトルコ人の女性は70%以上がオンラインゲームをする。これはヘタすると日本よりも高いレベル。欧米に留学した学生が流行のリーダーに。また、アメリカで働いているインド人も多いが、最近はビザ取得が厳しくなり「インド国内で起業したほうがいいよね」という流れに。

●スマホが食い尽くす市場・生き残る市場 熾烈さ増すデジタル業界【データ】 http://www.huffingtonpost.jp/2014/05/20/sp-eats-others_n_5356682.html
ノートパソコン、カーナビとは棲み分けがありそう。他のデジタル機器にはネガティブインパクト(それだけが減少の理由でないにしても)。

●タブレット普及のカギは、PCを代替する生産性 http://www.huffingtonpost.jp/yusuke-iguchi/pc-xperia-z2-tablet-so05f_b_5352730.html
ソニーモバイル製の10.1インチタブレット「Xperia Z2 Tablet SO-05F」。「タブレットは入力デバイスとひとつになって初めてその携帯性や利便性を実感できる」。

●パソコンの概念が変わってもWindowsが果たす役割は変わらない – パソコンはもう終わってしまうのか? http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/Active/20140530/560585/?act05
「スマホやタブレットなどの「見る端末」と、パソコンという「作る端末」の違いが明確になったときに、別の価値が生まれると思いますが、まだそこまで到達していない」。マイクロソフトはまだくじけない。

●Skypeでリアルタイム翻訳を実現するMicrosoft http://news.mynavi.jp/articles/2014/06/02/windows8report/
マイクロソフトは翻訳でも研鑽を積んできた。P2Pインターネット電話だったSkypeが、音声翻訳機能を実現するところまで進化したのマイクロソフトとのコラボの成果。(Speech-to-speech milestones – Microsoft Research http://bit.ly/1no18sD )

●ウェアラブルグラスの見方を変えた『JINS MEME』の衝撃 http://dime.jp/genre/144138/
メガネ屋さんが開発したウェアラブルグラス。自然さが特徴、いや突出したセールスポイント。違和感がない。しかし技術は最先端。使われているのは「眼電位センシング技術」、目玉を動かす時に眼の周りの発生する電気の差を検出する技術。さらに、アイセンシング以外に心拍数なども検知でき、フレーム部分に内蔵された加速度と角速度を測る六軸センサーで、頭の動きカラダの軸もわかる。今後の課題は「心の可視化」。

●Amazon.co.jp: 自動車車体: カー&バイク用品 http://www.amazon.co.jp/b?ie=UTF8&node=3132447051
Amazonが中古車販売を開始。国内オールメーカーから約200台を、55万円以下の低価格で提供。修復歴(事故歴)のない車のみを扱う。33万円、44万円、55万円と3つの価格に統一し、登 )録諸費用・納車整備料・重量税・消費税・自賠責保険料までを含む車体購入に必要な価格の総額での表示。

●「amazon」が中古車をネット販売するそのワケは? http://clicccar.com/2014/06/04/258074/
Web上での販売により人件費を削減して販価を下げているのが特徴で、送料についても関東や関西、中部地域に限って無料。 また、納車後1週間以内であれば、送料は購入者負担となるものの、返品が可能。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中