●美しすぎる!大学の研究生が無線ネットワーク「Wifi」の撮影に成功

B:暮らしと職場の風景を変えていく(個人の意思決定と情報社会)

●美しすぎる!大学の研究生が無線ネットワーク「Wifi」の撮影に成功 http://ideahack.me/article/1159

開発した特殊なデバイスで継続的に無線の動きを検知し、そのシグナルをカラーLEDに変換。そのLEDを長時間露光で撮影することで完成した「写真」。

●「SKYMARK FREE Wi-Fi」について http://www.skymark.co.jp/ja/company/press/140723_press.pdf
スカイマークは8月7日より、国内線で無料の機内WiFiサービス『SKYMARK FREE Wi-Fi』を開始する。対象となるのは今年導入した新型機材エアバスA330-300。なお、国内線での無線LANサービスは7月23日に日本航空が開始しているが、無料で提供するのはスカイマークが初。(関連サイト、PDF)

●練馬区、ARを使った区報発行-スマホで動画再生 http://nerima.keizai.biz/headline/651/

「「子ども向け リサイクル特集号」。紙面では清掃工場内でのゴミ処理の様子や粗大ゴミのリサイクルの流れを「写真」で説明しているが、ARを使ってさらに「動画」が再生される仕組み」。

●第五回:拡張現実と複合現実の世界① http://www.siliconstudio.co.jp/techin/index8_AR.html

AR(Augumented Reality;拡張現実)とMR(Mixed Reality;複合現実)との違いについて。「VRとは、コンピュータなどで再現された仮想空間(仮想世界)に被験者を投影し、被験者の行動をその仮想空間に反映し、その影響を五感の全て(またはその一部)にフィードバックさせる技術のこと。現実に繰り返し行うことが難しい訓練やシミュレーションを行うための科学技術が発端」。一方、現実世界が絡めるのがAR。「現実世界にコンピュータグラフィックス(CG)による情報表示を付加して、ユーザーの現実世界へのインタラクションを支援する」。「MRはARよりもCGの割合が多く、インタラクションの対象を現実世界だけでなく、仮想世界にも拡張した技術」。

●Twitter、ディープラーニングの新興企業MADBITSを買収 画像検索強化へ http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1407/31/news039.html
ビジュアルは、敬遠されがちな「テキスト」への誘導路、あるいは地下トンネル。しかもそれはAIを使ったハイテク・トンネル。MADBITSの共同創業者の2人はともにニューヨーク大学の出身で、米Facebookの人工知能(AI)ラボ所長を務めるヤン・ルカン教授の教え子。この買収で、画像や動画付きツイートの検索を強化。また、顔認識技術を利用した、写真へのタグ付け機能を追加するかもしれない。

●「ちょっと先行く“スマホ体験”の創造」前編 ~O2O、セカンドスクリーン技術とコラボで生み出すイノベーション~ http://dentsu-ho.com/articles/1411

スマートフォン活用の具体的なチャンスは3つ:適切なタイミング・場所でユーザーにアプローチして、商品や店につなげていける/ユーザーごとにパーソナライズしたエンゲージメントをつくり、一人一人の都合やニーズに合わせて、より深いコミュニケーションが実現/ユーザーがいつ、どこで、何を買ったかというデータを個別に取得できる。

●成長を続ける、世界のモバイル広告市場のトレンド http://www.advertimes.com/20140729/article165977/

広告はアプリ内に出稿するほうが、CTRが高まり、ユーザーとのエンゲージメントも構築しやすい。一方現状、日本は海外に比べ、モバイルアプリよりもモバイルウェブの利用が多い。今後、日本でもアプリへの移行が予測されるなか、アプリ対応が重要になりそう。

●モバイルアプリの動作テスト、手間がかかって大変ですよね? それ全部請け負います。日本IBMが「IBMモバイル・テスティング」を提供開始 http://www.publickey1.jp/blog/14/_ibmibm.html
味噌は、「中国 大連などオフショア拠点を活用してフルアウトソーシングを提供」。低賃金がそのまま、低品質でなければよいが。

●[徳力]グノシー砲も凄いんだけど、やっぱりヤフトピ砲は桁違いの凄さだった件について http://blog.tokuriki.com/2014/07/post_809.html

yahoo!ニュースにブログ記事が取り上げられると、一気にアクセスがあがるのは、「スマホのニュースアプリの利用率が圧倒的にヤフーが高い」せい。「当然一般ブロガーとしては普段からヤフトピを意識するわけにも行かず、やはり重視すべきはツイッターやFacebookからの誘導ということにはなると思いますけど。 こういうのを見てると、日本のネットPRはまだしばらくヤフーニュースへの掲載を狙うのが王道で、ソーシャルPR的な話は後回しになるのも当然だなぁと言う気もしてきます」。

●今のアプリビジネスは、その大多数が持続不可能だ http://jp.techcrunch.com/2014/07/22/20140721the-majority-of-todays-app-businesses-are-not-sustainable/

「モバイルアプリのデベロッパにとって、自分のアプリを見つけてもらい、ダウンロードしてもらい、実際に使ってもらうことが、まず難関」。電子書籍と似た状況。「今日のユーザの多くが、アプリを、まるで自分の家のような永住性のある、親しい、そして重要な、コミュニケーションの場とはみなさなくなっている」。

●UIやユーザビリティという問題とSEOは「別物」として切り離して考える http://www.seohacks.net/blog/crawl_index/betsumono/
「「SEOじゃなくてユーザー視点でサイトを作ることだけ考えれば良いのに」的なコメントもちょくちょく見かけますが、検索エンジンという特殊なプラットフォームの制限を無視することは今の段階ではオススメできません」。

●デジタルソリューションの新潮流 http://dentsu-ho.com/articles/1263

広告しなければならない商品やブランドがあり、そのために必要なストラテジーを立てて、その上で適切なソリューションを組んでいく。この3つのステップの流れにある、ミッシングピースが、「ビッグストーリー」。「クリエーティブの仕事は広告表現をつくることと思われがちですが、それだけではなく、クライアントと一緒に「Big Story」をつくり、さまざまなサービス、プロダクト、コンテンツ、プラットフォームなど、表現だけではないソリューションを提供するところまで広がっています。「デジタル」にはやるべきことがたくさんありますが、私はその最初のステップである「Big Story」をつくっていくところから」。

●人智とデジタルの結合、リクルートSUUMOの解 http://bizgate.nikkei.co.jp/article/77200917.html


「デジタルマーケティングの成否は、すべてのデータ(いわゆるビッグデータ)を「誰が」という個別のIDに統合することが勝負」。ただし(文系)人間が介在すべき領域が必ずある。数理工学を使った「自動化」は、天井を見上げ、腕を組んで考える時間を捻出するためのもの。

●レンタカーに革命を起こす新サービス「veecle!」スマホアプリ2タップで自宅に配車、ガソリン満タン返しも不要! http://ushigyu.net/2014/07/30/veecle-rent-a-car/
レンタカーの煩わしい点「店舗まで借りに行く」「毎回の煩雑な手続き」「ガソリン満タン返し」を全て解消するアプリ。タクシーにできたのだから。

●日本交通、タクシー配車アプリの売上40億、新機能追加 http://ascii.jp/elem/000/000/919/919442/

<販売のデジタル化>成功事例。路上で手を挙げた客を拾う。自宅から電話が来た家に向かう。そしてもうひとつ、路上でアプリから依頼がきたら、その「場所」へ向かう=アプリのダウンロード数は14年2月に120万件、アプリ経由の配車台数は13年11月に100万台、アプリ経由の売上は14年7月に40億円。

●旅行アプリの使用率は30%、スマホの不便な点トップは「文字入力のしにくさ」53% http://www.travelvoice.jp/20140731-24486
「インターネットショッピング・オークション(37.7%)は50代を境に利用率が大きく異なる。ただし、旅行(30.1%)はシニアにも利用されている」。

●定額制音楽ストリーミングRhapsody、有料会員数200万人突破。パーソナライズド・ラジオで海外市場を狙う http://jaykogami.com/2014/07/8544.html

海外の各種サービスの簡単紹介記事。

●検索エンジン利用実態調査 http://growthseed.jp/experts/seo/netresearch/


検索をする際、何単語で検索することが多いですか?:1単語のみは少数派。2単語の複合語が約60%、3単語の複合語が約32%。/1ページ目に気になったサイトがなかったら何ページまで探す?:1ページだけは少数派。4ページ以上40.8%、3ページまで34.2%。

●東京にコンテンツ産業の集積地、慶大ほか50社参画 http://business.nikkeibp.co.jp/article/topics/20140724/269187/
慶應大学が旗振り。「クールJapan」を合言葉にした産学連携の強化策らしい。ハーバードも巻き込んで、「研究」から「実ビジネス」、さらには、「イベント」も引き受ける「拠点」にする「野望」、とのこと。

●名画に命が吹込まれ、動き出す! その世界に心奪われる映像【衝撃作】 http://grapee.jp/2240

morphingは move(動き) と morphology(形態) から生まれた造語である(らしい。はっきりはわかっていない)。写真データから「計算」で動きを作り出す。つまり連続写真ではない。そのため、かえって柔らかな動き、思いがけない動きを再現できる。ここでは絵画の写真データを対象に、動く有名絵画を実現させた。

●当局が3日間見つけられなかった遭難者を、わずか20分で発見!その驚きの理由とは? http://tabi-labo.com/31253/droneforhelp/

「これからの時代は、ドローンがレスキュー現場で活躍していくだろう。

『情報note|知のパラダイムシフト』2014年8月二号vol.005
http://www.amazon.co.jp/dp/B00MDA6270

_____________________
知のアーキテクチャをリ・デザインせよ
【電子書籍】『情報note|知のパラダイムシフト』
http://landingebook.businesscatalyst.com/index.html

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中