●「2.5軒に1軒は空き家!? 迫り来る! お隣さんは空き家時代」インフォグラフィックを公開しました。

141128 PM

┃Post Modern あるいは再編成されるLife(生活/生命/人生)
環境、ケア、家族、地域、仕事、消費、教育、社会保障、時間など

●「2.5軒に1軒は空き家!? 迫り来る! お隣さんは空き家時代」インフォグラフィックを公開しました。 http://www.sankei.com/economy/news/141120/prl1411200045-n1.html

日本は人口が減少し続けているにもかかわらず、新規住宅の供給が続き、その裏で、「空き家」が急速に増加している。

続きを読む

●いよいよ出口が気にかかる日本国債の将来

141128 MP

┃金融リテラシー あるいは資本主義のメタモルフォーゼ
ビジネスモデル、経営、成長と生産性、金融、会計、税制、経済法など

●いよいよ出口が気にかかる日本国債の将来 http://www.nippon.com/ja/column/g00234/

「日本が90年代から経験したようなバランスシート調整と政府債務の膨大な積み上がりという現象を、歴史的に比較できるとしたら、その規模からも性格からも、アメリカの大恐慌とその後の経験しか実例はない」。

続きを読む

「Baas(Books as a Service)」への第一歩~【セミナー備忘録】:人文社会学系出版社の将来に向けての一つ突破口

(気付きなど自分用の手元メモを公開するものです。議事録ではありません)

今回のセミナーは、大学アカデミック市場、とりわけ、大学図書館が議論の対象。

また特に先日プレスリリースした、「新刊ハイブリッド・モデル」を巡る発表の場。

そして本セミナーで講師の黒田さんが言いたかったこと。それは、

◎「読む力」、「読書という営為」こそが重要。
・「紙 VS デジタル」といった二項対立的発想はナンセンス。
・デジタル化を新しい選択肢として活用する発想こそ。
・ただデジタル化の潮流が「教育・研究」、ひいては「出版」「読書」を再定義することになるだろう、との見通しはある。

◎有斐閣・鈴木氏が提唱している「叡智の海」構想は、これから専門書出版社が目指すべき方向として共有していきたい。

◎大学図書館が「購買」という経路を通って、電子書籍を選定する、ということがない限り、マネタイズも事業としての継続性・安定性も確保できない。そのための工夫に、どれだけ汗をかけるかが現下の喫緊の課題。是非ご一緒に。

続きを読む

●モバイル創生プラン

141114 MP

┃金融リテラシー あるいは資本主義のメタモルフォーゼ
ビジネスモデル、経営、成長と生産性、金融、会計、税制、経済法など

●モバイル創生プラン 総務省 http://www.soumu.go.jp/main_content/000320320.pdf


「モバイルは我が国創世の切り札のひとつ」。「モバイル創生プラン」では、モバイルの利用環境整備として、「1.自由に選べるモバイルの推進」「2.安くて安心して使えるモバイルの推進」「3.モバイルの更なる高速化」「4.新たなモバイルサービスの創出」について、必要な取組事項を実施時期とともに記載している。

続きを読む

●サービスデザインと学び~京都大学Service Design Roundtable参加報告

141114 PM

┃Post Modern あるいは再編成されるLife(生活/生命/人生)
環境、ケア、家族、地域、仕事、消費、教育、社会保障、時間など

●サービスデザインと学び~京都大学Service Design Roundtable参加報告 http://www.slideshare.net/masaya0730/ss-32256338


サービス概念を突き詰めると、社会変革へ行き当たる。

続きを読む

●人口,経済社会等の日本の将来像に関する世論調査 -内閣府

141031 PM

┃Post Modern あるいは再編成されるLife(生活/生命/人生)
環境、ケア、家族、地域、仕事、消費、教育、社会保障、時間など

●人口,経済社会等の日本の将来像に関する世論調査 -内閣府 http://survey.gov-online.go.jp/h26/h26-shourai/

「近代」がやってきて、一体どんないいことがあったの? 脱「成長」の意識が少しずつ芽生え始めているか。目指すべき社会像を問われ、「成長・発展を追求する社会 13.8%」。ゆっくりでいいよ:「穏やかに成長・発展を持続する社会 42.8%」。同じ成長でも、「一人当たり」ベースでいい、GDPベースでなくてもよい=「現在程度の水準を維持した社会 14.3%」、「縮小しながら一人当たりの豊かさの保たれた社会 25.4%」。

続きを読む

●最新版!「生涯給料」トップ500社 | ランキング

141031 MP

┃金融リテラシー あるいは資本主義のメタモルフォーゼ
ビジネスモデル、経営、成長と生産性、金融、会計、税制、経済法など

●最新版!「生涯給料」トップ500社 | ランキング http://toyokeizai.net/articles/-/52039

企業ごとの「生涯給料」を試算。全上場企業の中から、主要企業や年収が特に多い会社を選び出し、トップ500社をランキングとしてまとめた。算出額には、賞与や残業代なども含まれている。

続きを読む

「電子図書館を考える」~セミナー備忘録

(自分用のメモです)

※登壇者は2名。そのうち、後の伊藤 倫子氏のものは、「公開不可」とのことでしたので、前段の金原俊氏の部分だけ。

2014年11月4日 「電子図書館を考える」

日本の公共図書館での電子書籍利用は、なかなか進んでいないのが実状です。2013年に電子出版制作・流通協議会が実施した調査によると、電子図書館サービスを実施している公共図書館は回答を寄せた225館中17館(8%)。それ以外の事例を含めても30館にも達していないというのが現状のようです。

一方、米国では全公共図書館の9割以上(米国図書館協会調べ)で電子書籍サービスを提供中とのこと。米国の公共図書館ではなぜこんなに電子図書館サービスが普及しているのでしょうか。日本との違いはどこにあるのでしょうか。実際、どのような使われ方をしているのでしょうか。

1部では、電子図書館の意義、現状、ビジネスモデル、今後の方向性などに関する、JEPA電子図書館委員会によるこれまでの検討内容を、 委員長の金原俊が報告します。
2部では、米カンサス大学図書館で司書として図書館業務に携わる伊藤倫子氏をお呼びし、米国公共図書館における電子書籍の現状や展望などを、利用する側の視点を交えてお話しいただきます。

日時: 2014年11月4日(火) 15:00-17:30(受付開始14:30)
場所: 飯田橋 研究社英語センター

主催: 日本電子出版協会(JEPA) 電子図書館委員会

題目: 1部 JEPA電子図書館委員会報告
【講師】 金原 俊  :医学書院取締役副社長

2部『今、米国公共図書館で電子書籍はどうなっているか:米国司書からのメッセージ』
【講師】 伊藤 倫子氏 :Japanese Studies Librarian, University of Kansas Libraries(カンサス大学図書館 日本研究司書)

http://info.jepa.or.jp/sem/022

「図書館」といっても、本セミナーの対象はあくまで「公共図書館」。

また金原さんの登壇は、JEPA・電子図書館委員会の委員長としてのご発言、というのが大前提のセミナーでした。

続きを読む