●サービスデザインと学び~京都大学Service Design Roundtable参加報告

141114 PM

┃Post Modern あるいは再編成されるLife(生活/生命/人生)
環境、ケア、家族、地域、仕事、消費、教育、社会保障、時間など

●サービスデザインと学び~京都大学Service Design Roundtable参加報告 http://www.slideshare.net/masaya0730/ss-32256338


サービス概念を突き詰めると、社会変革へ行き当たる。

●”安藤昌也さん”のUX論 ~ 利他的な「私」 http://www.slideshare.net/masaya0730/ux-28823452?related=1


社会手変革とは、「利他」をいかにデザインするか、というところへ行かなくちゃ、具体化しない。

●「人は自由になるほど幸福度が下がる」 ”選択のパラドクス”が起きる4つの原因 http://logmi.jp/26437
多すぎる選択肢は選択を困難にするのだが、今は、選択肢が過剰な時代。

●【石倉洋子氏×武田隆氏対談1】ITは「断絶した世代」をつなげることができるか? http://diamond.jp/articles/-/61421
「成長」パラダイムからの脱出が今の日本の課題。「そこに予算があり、達成すべき目標があるからだ」という発想から、ダイレクトに消費者からの反応が得られることで、自分が販売した商品がどのような使われ方をしているかリアリティをもって感じられることに意義を見出す発想へ。「消費者コミュニティを観察していると、同じ日本人であっても、価値観、家族構成、生活スタイル、商品に対する態度など、実に多様でひとつとして同じものはない」。

●超高齢社会における社会保障システムと政府財政の持続可能性 http://www5.cao.go.jp/keizai-shimon/kaigi/special/future/1114/haifu.pdf
国民負担増や給付の増加を抑制するに際して最も重要なことは、それが経済成長を阻害する要素を克服する知恵を最大限、組み合わせること。

●オックスフォード大学が認定 あと10年で「消える職業」「なくなる仕事」702業種を徹底調査してわかった http://gendai.ismedia.jp/articles/-/40925

人工知能、コンピューターに代わられる確率が90%以上の「仕事」をリストアップした。分析手法はむしろ人工知能に苦手なことから。「コンピューター化の障壁となりうる9つの仕事特性を抽出して—たとえば、手先の器用さ、芸術的な能力、交渉力、説得力」。注目すべきは医療診察判断なども含まれること。ビッグデータとその解析による変化だ。「これまで不可能だった莫大な量のデータをコンピューターが処理できるようになった結果、非ルーチン作業だと思われていた仕事をルーチン化することが可能になりつつあります」。

●文字文化を探求する書家という仕事【知りたい!なりたい!こんな職業】 http://wol.nikkeibp.co.jp/article/column/20141111/194542/

「卒業しても書家としての保証はなく、それで身を立てることは大変だと思いました。ただ、入学したときの『書を、生涯を通し学んでいく』という気持ちは、今も変わっていません」

●専業主婦も終身雇用も割と最近の流行りもの http://jyoshige.livedoor.biz/archives/7626188.html
戦時下の制度が高度成長期、企業戦士のために復活した。いま、ゆっくり戦前に戻ろうとしている、との論説。

●いま見直される「行動する経済学者・宇沢弘文」50年前から警告していた『格差と貧困』 http://www.j-cast.com/tv/2014/11/01219802.html
臨床(現場)と基礎(学究)の間を往来して制度を考えることの重要性を身を以て実践。

●ニューヨーク市とその郊外における人口増加の逆転~東京との比較
http://www.lij.jp/news/research_memo/20141031_1.pdf
中心部への集中は、ニューヨークでは新しい現象。日本の首都圏に相当する、ニューヨーク圏に関する、23区内と周辺(ベッドタウン)部、にあたる地域の比較論。地域中核(regional core)と、その周辺の 4 州にまたがる 27 カウンティからなる郊外部(suburban ring)の、「、1950~1980 年の 30 年間で郊外部が 530 万人以上の人口増加を見せていた一方で地域中核が約 100 万人弱の人口減であったのに対し、2010~2013 年においては地域中核で郊外部のおおよそ倍の人口増加が見られた」。

●全てが変わる「午前9時までメールを見ない」ルール http://www.lifehacker.jp/2014/11/141102how_i_work.html

米国でもっとも人気の高いWiFiホットスポット、それが「Karma」。どこにいてもインターネットに接続できる、プリペイド方式のモバイルホットスポット。その開発者は、なんとスマホを持たない。iPod touchとKarmaだけ。その彼のお気に入りの時間節約術:「午前9時まではメールを見ないこと」。座右の銘:「成功に備えること。失敗に合わせてデザインすること」。

●一般財団法人 地域公共人材開発機構(COLPU) http://www.colpu.org/

「地域公共人材」とは「異なるセクター間の文化的・機能的な壁を越えて、協働型社会( マルチパートナーシップ) における地域の公共的活動や政策形成を主導したり、コーディネートできる人材」。

●松岡正剛さんがアドバイス「子供のための本選び」 http://president.jp/articles/-/13852
「親ができることがあるとするなら、少しだけ違った分野や傾向の本を与えること」。興味をちょっとずつずらしていく感じ。「例えば電車が好きで電車図鑑ばかり読んでいる子なら、蒸気機関車の本を与えたり、さらに蒸気機関を実用化したワットの伝記を薦めてみたりする」。

●【年を取ってから得をする】楽器の練習を続けるべき3つの理由 http://irorio.jp/kondotatsuya/20141101/174278/
楽器を続けた人が高齢になってから得られるメリット:認知機能の衰えを補える/聴覚の衰えを補える/年を取ってから初めても効果あり。

┃Others あるいは雑事・雑学
●仕事でWebサイトにかかわるなら、“コンテンツ”が果たすべき3つの役割を知っておけ! http://web-tan.forum.impressrd.jp/e/2014/11/05/18464

●滝久雄氏が語るITと食文化「農家と料理人をつなげる役割を果たす http://news.livedoor.com/article/detail/9423400/

●ジブリ作品に出てくる料理を給食で再現した「ジブリ給食」が話題に ネットでは「うらやましすぎる」「見てみたい!」 http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1410/31/news064.html

★700 Free Movies Online: Great Classics, Indies, Noir, Westerns http://www.openculture.com/freemoviesonline
映画の無料アーカイブ。うらやましい。

●疲れている時に甘い物が食べたくなるのは腸にある「第2の脳」の影響 http://gigazine.net/news/20141031-secrets-second-brain/

●「スタンディングデスク」は集中力を増加して肥満を防止する http://gigazine.net/news/20141028-standing-desk-focus/

●本の読み方ひとつで、子どもは変わる! http://toyokeizai.net/articles/-/51296

●出産&育児の常識が変わった? ――知識のアップデートと情報取得の複線化 http://mamapicks.jp/archives/52162925.html

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中