●ロンドン読書散歩 – 英国の子供たちが読んで育った本

┃ebook あるいは知のパラダイムシフト
ICT、情報、知識、意思決定、コミュニケーション、意味と構造化など

A:<メディアとしての紙>から<デジタル化するメディア>へ

●ロンドン読書散歩 – 英国の子供たちが読んで育った本 http://www.news-digest.co.uk/news/features/12528-book-bench.html

本のギミックで作られたベンチ。そのベンチには「英国の子供たちが読んで育った本」の意匠が。

続きを読む

★JManga.com Retail/Viewing Service Termination and Refund Notice

130322 PS

┃ebook あるいは知のパラダイムシフト
ICT、情報、知識、検索、学習、意思決定、ソーシャルメディアなど

★JManga.com Retail/Viewing Service Termination and Refund Notice http://www.jmanga.com/urgent-message
JMangaはビットウェイグループが2011年8月にスタートしたサービス。集英社や講談社、小学館など出版39社で構成するデジタルコミック協議会がサポート。日本の漫画の英語版電子書籍や、漫画家インタビューなどを配信していた。価格が高い、ラインナップがいまいち、が従来指摘されていた。それが頓挫。問題は買った海外の人が読めなくなること。「なあーんだ、電書ってそうなの」ということで、電子市場全体が冷え込む懸念。そうではなくむしろ「じゃ、やっぱりアマゾン、アップルにしなくちゃね」と寡占化が進む可能性。両方がありうる。

●海外向け電子マンガ配信のJManga事業終了発表 本年5月末にサービス停止 http://www.animeanime.biz/all/133142/
問題は、これまで買った人が読めなくなる、という点。書籍は到底想定しえない、電子ならではのポイントがあらためて露呈。販売サイト固有のDRMってやつがするワルサ。DRMフリーに議論が発展するか?

●電子書籍と「価格」について http://bit.ly/Yq4kr5
本と言う意味でいうと、書店と古書店というふたつの流通経路、価格系がある。市民権を得ている。しかし実はコンテンツの単位で見ると、新装版、復刻版、文庫化といった分岐する価格系の工夫がすでにあり、再販制の枠内で価格変化・多様性による流通活発化を目指してきた。ここへもうひとつ、電子書籍というもうひとつの分岐が生じ、さらにデータの形状の違いからの、異形のコンテナゆえの「読み放題」の別世界を切り開こうとしている。しかしよく考えてみる、書籍コンテナの時代から図書館という読み放題空間があるにはあったのだ。

●城門に押し寄せる野蛮人たち 電子書籍、ディスインターメディエーション、コンテンツ http://markethack.net/archives/51836478.html
「エラスムスは「元祖ブロガー」」「廉価に本を出せるという事が従来では想像すらしなかった大きな潜在市場の開拓につながると彼が信じていた」。それが証拠に、「エラスムスは装丁の美しい本には興味は無く、いつも最も経済的で大衆に普及できる活字と版型のことばかりを考えていた」。

●Webでの課金ビジネスはどこがいいのか考えて図にしてみた http://blog.livedoor.jp/kensuu/archives/54418777.html
インターネットで稼ぐ方法というのは、一般的には以下の3つ:広告/ユーザー課金/EC(ものを売る)。その中の課金の種類についての考察。課金マップが面白い。なかなか有益。

●さっそくKindle用コミックを公開してみよう! http://www.clip-studio.com/clip_site/howto/library/page/view/sassoku_kindle_01_001
マンガ家の青木俊直氏がKindle ダイレクト・パブリッシング(KDP)用のマンガデータ作成をサポートするスクリプト生成プログラム「opfジェネレーター」をウェブ上で公開。これはKindle向けのブックデータであるmobiファイル作成に必要な、content.opfというファイル作りをサポートするプログラム。

●Word 2013でブログに投稿する http://blogs.itmedia.co.jp/kizawa/2013/03/word-2013-6400.html
ブログはHTMLとCSSで構成された、パッケージング前の、電子原稿でもある。最近ではブログを電子書籍化するツール、サービスがいくつか出ててきている。ということは、ワードで文書作成→ブログ→電子書籍→公開・販売の道筋がまたひとつ。

★Siri and Scroll trick turns iBook into audiobooks – iPad/iPhone http://www.macworld.co.uk/ipad-iphone/news/?newsid=3435650
電子書籍化でやっかいなのは、誤字・脱字や「てにをは」ミスを見つけるための「校正作業」。役立つのが、iOSに標準搭載されている日本語合成音声システム。

●電子書籍の未来はソーシャルリーディングにあるか? http://ebook.itmedia.co.jp/ebook/articles/1303/21/news072.html
(これは米国を下敷きにした議論。そもそもブッククラブや哲学カフェは日本で市民権を得ていない)。何冊本を読んだか、ある特定の本がどれほど好きかを自慢する必要があるのは往々にしてナルシスト。いまあちこちで実装されているソーシャルな仕組みは、まだまだ発展途上。実現したいのは、「地域のブッククラブ」のようなもののはずなのだが。

●実現したばかりのソーシャルリーディング http://ebook.itmedia.co.jp/ebook/articles/1301/24/news086.html
米国で「ソ−シャルリーディング」から連想されるのは、ブッククラブ。「読者が互いの素性を明かすことなく、ある本について考えをまとめたり、アイデアを共有するバーチャルブッククラブ」。匿名の日本、実名の米国の図式がここにも。

●Yahoo! JAPANによる電子書籍の発行を開始 http://pr.yahoo.co.jp/release/2013/0315b.html
一種の自己出版、非ISBNの電子本の領域。Web上に掲載されたものを再編集の上、電子書籍としてパッケージ化する。「Yahoo!ニュース 個人」「Yahoo!知恵袋」など、Yahooはコンテンツに事欠かない。

●電子書籍販売サイト「eBookJapan」において、雑誌の本格的配信を開始 http://www.ebookjapan.jp/ebj/magazine/index.asp
非コミック系雑誌を中心に、新たに100誌以上が購読可能に。

●eBookJapan、電子書籍版マンガ全集とASUSの7型タブレットをセット販売開始 http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20130322_592787.html
コミックの電子書籍バンドルで実質的、端末ゼロ円作戦。そもそもコミックには大人買いの事象があり、これで「タブレットでコミック」が生活シーンに根付くきっかけになれば、タブレット側にもメリット。コミック電子書籍のラインナップで日本最大のeBookJapan側でも、PCやスマホユーザーに加え、タブレットユーザーという新規開拓が可能になる。(サイト http://bit.ly/ZDsKh9 )

●Amazon.co.jp: 農業ストア: DIY・工具 http://www.amazon.co.jp/gp/browse.html?node=2494528051
これも一種の編集という営為。オンラインストア「Amazon.co.jp」内に「農業ストア」をオープン。様々な用具の最後に、カテゴリとして、「農業関連書籍 和書 洋書」も(ただしまだ、農業書だけのコーナにはなっていない)。

●ビジュアル系図鑑が百花繚乱で、楽しい – 世界はあなたのもの。 http://d.hatena.ne.jp/the-world-is-yours/20130316/p1
視覚に訴える、デザインに工夫を凝らし気軽に広げて楽しめる本。大人も読みたくなるお薦めの図鑑を専門家に選んでもらった。

●みどるな書店経営 http://www.hitachi.co.jp/Prod/comp/soft1/omr/vol62/pdf/omr62.pdf
「ネットにいなくて 書店にいるのは、本ではなく人です」。

●Amazon.com: Send to Kindle http://www.amazon.com/gp/sendtokindle
これはおすすめ。簡単クリッピングツールでかつ、簡単電子書籍化ツールでもある。非ISBNコンテンツの電子書籍化が市場を活気づけるだろう。

●米Amazon、「Send to Kindle」ボタンをウェブサイトやブログ用に公開 http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20130321_592550.html
こちらは、サイトに貼り付けるツールの話。米大手新聞「Washington Post」、大手雑誌「Time」、著名ブログ「Boing Boing」が採用。

●日本航空とAmazonがマイレージ提携 200円3マイル積算 http://ggsoku.com/2013/03/jal-amazon-mile/
JALカードは、会員一人当たりの平均年間決済額が日本一とも言われ、年齢構成が高い? 通常100マイルに付き1マイルのところ、その1.5倍の200円につき3マイル、また1万マイルを1万円のAmazonギフト券と交換もできるなど、新規顧客獲得の狙いがありそう。

●「Google Keep」を使ってみた–グーグルのメモ作成アプリの使用感 http://japan.cnet.com/news/service/35029766/
クラウド型のAndroid向けメモアプリ「Google Keep」。利用料は無料、Google Playからダウンロードできる。

●Googleの立場でSEOを考える http://www.seojapan.com/blog/think-like-google
量より質。「読者に価値を与える豊かなコンテンツを抱えるサイトを推奨し、最終的に優れたコンテンツを用意していないサイトのランキングを下げる取り組みを継続」。「関連するオーソリティサイトからの被リンク、そして、仲間のブロガーによるレビューを受けたコンテンツが必要」。

●Google+でオーソリティを築く7つの方法 http://www.seojapan.com/blog/google-plus-authority
Google+を活用してSEOにもソーシャルメディアマーケティングにも重要な「オーソリティ」をネット上で築いていく方法。キーは「Agent Rank」。

●「検索エンジン最適化(SEO)クイック チェックシート」。あなたのお友達やご家族にもどうぞ! http://googlewebmastercentral-ja.blogspot.jp/2013/03/cheat-sheet-for-friends-and-family.html
サイトのコンテンツを Google や他の検索エンジンが認識しやすくし、視認性を高めるためのコツを簡単にまとめたチェックシート。Google ウェブマスター向け公式ブログより。

●グーグル、「Google Reader」を米国時間7月1日に終了へ http://japan.cnet.com/news/service/35029469/
終了の背景。メインストリームのユーザーを引きつけてリンクの共有や閲覧をしてもらうということに関して、FacebookやTwitterなどのソーシャルサイトに軍配。さらに時代は「Flipboard」や「Zite」など、視覚性にを置きつつあった。しかも「Google自身が「Google+」に投資をシフトさせていた」。

●全収集型RSSリーダーの終焉とソーシャル化するWeb http://www.milkstand.net/fsgarage/archives/001941.html
RSSはそこまで日本では普及、定着しなかったが、ワールドワイドで見てもそうだったらしい。ソーシャル化の波で、RSSに代わる他の手段が発達してきたのも背景にある。人の可処分時間が有限である以上、人が見る情報には限りがある。「話題性」「ランキング」からはずれるデータを貯め続けることのコスト対比でとうとう中止が決まったか。

●Google Reader終了ショックの波紋~代替サービスが続々と名乗りを上げる http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20130315_591887.html
捨てる神あれば、拾う神あり。Google Readerが7月1日にサービス停止する。それなら、ということで、ユーザー取り込みに、続々名乗りを上げている。「Macプラットフォームで人気の有料RSSクライアントリーダー「Reeder」は、「我々はGoogle Readerと共に死ぬことはない」とTwitterで」宣言。

●GoogleReaderの登録フィードをlivedoor Readerに移行する http://idejun.com/archives/9079
「livedoor Readerもいつ終わるかわからないしギリギリまで待ったほうがいいかもしれませんが」「ほとんどの人に存在すら知られずにサービス終了となったはてなRSSの冥福を祈りつつ粛々と移行しましょう」。

●GunosyのRSSフィードを生成してRSSリーダーに登録して読むと超快適 http://delaymania.com/201303/webservice/gunosy_rss/
Gunosyをより楽しむためにはiPhoneアプリ使い続けていく方が良さそう。そのための手段が、「Gunosy RSSで生成してRSS登録する」。残念ながらここで言及されているGoogleリーダーは7月でサービス中止ではありますが、他のリーダ―で展開可能であり、有益な方法。

●なぜアンドロイドのアップデートはそんなに遅いのか http://bit.ly/WFEQq7
Androidデバイスを供給する各キャリアにはそれぞれの器機をアップデートしなければならないというインセンティブが薄い。そこでユーザー自らが、という視点が生じる。これが、Appleエコシステムとの本質的な差異なのだろう。

★How Apple Has Changed The World In Just 7 Years http://www.cultofmac.com/219813/how-apple-has-changed-the-world-in-just-7-years-picture-1000-words/?utm_campaign=twitter&utm_medium=twitter&utm_source=twitter
2005年の画像は、前ローマ法王・ベネディクト16世の就任式。そして2013年の画像は、新ローマ法王・フランシスコ1世の就任式。「紀元」はキリスト生誕前と後とを区別するが、iPhoneに始まるスマホ前と後もそれに匹敵する画期。

●Twitter、公式Web版で改行表示に対応 http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1303/14/news050.html
「改行」は何もない空間であると同時に、「。」「、」同様、意味の記号でもある。

●DropboxやEvernoteなどのクラウドサービスを横断検索できる『CloudKafe』 http://www.lifehacker.jp/2013/03/cloudkafe.html
Dropbox、Evernote、 Facebook、YouTube、Google ドライブ、これらに横串をさして検索ができる。

●Nielsenの伝統的な視聴率調査が今年から対象を一気に拡大; ゼロTV世帯も調査対象に http://jp.techcrunch.com/2013/03/12/20130311zero-tv-households-now-at-5-million-says-nielsen-up-from-3-million-in-2007-but-still-just-5-of-market/
ゼロTV世帯=もはやテレビを見ずに、ビデオコンテンツはコンピュータやスマートフォンやタブレットで見る、世帯。合衆国のコードカッター(cord cutter, テレビのコードを切った人/世帯==ゼロTV世帯)は500万に、じわじわと増加中。

★Higher Education: New White Paper From Springer Examines eBook Adoption and Usage at Undergraduate Universities http://www.infodocket.com/2013/03/18/higher-education-new-white-paper-from-springer-examines-ebook-adoption-and-usage-at-undergraduate-universities/
マサチューセッツ州周辺の有名大学の教員・学生を対象に行なわれたアンケート調査。授業教材としての有用性について、教員のほうが好意的で、学生のほうが否定的。理由は端末の供給面。

●ヤフトピは見出しだけで学習効果あり【Yahoo!ニュースと政治に関する認知・行動についての調査】 http://markezine.jp/article/detail/17449
ネットの閲覧では頭に残りにくいといった批判がよく聞かれるが、これは逆のレポート。「Yahoo!ニュース」のトピックス見出しを使った教育効果。

●意見共有で「集団の知恵」が低下:研究結果 http://bit.ly/TJ3bHx
「集合知」(Wisdom of the crowd)、「みんなの意見は、案外正しい」はずなのに、それではなぜバブルとその崩壊といった現象が起きるのか。それは、集合知が成立する条件、というものがあるため。「集団の各構成員は多様な意見をもち、また、それらの意見にはめいめい自力で到達する必要がある」、が条件。

●『階級「断絶」社会アメリカ』 アメリカン・プロジェクトの終焉 http://honz.jp/22538
「集合知」の前提条件を彷彿とする指摘。トクヴィルのアメリカは過去のものになった。それでいいのか、多様性が重要だとする視点から、「新上流階級」に「アメリカのあるべき姿、エリートのあるべき振る舞い」を問う書、『階級「断絶」社会アメリカ』 の解題。「かつてアメリカを動かしていたのは文化的に多様な人々だったが、今この国を動かしているのは文化的に類似し、しかも自分の世界に閉じこもりつつある新上流階級である」。

●「協力して問題解決」PISAで出題!? http://benesse.jp/blog/20130228/p3.html
21世紀型の新たな科目として「協働型問題解決能力」が提唱されている。「一生ものの知識」というコンセプトが瓦解しつつある経済社会の変化が背景にある。「協働型問題解決力」=「ひとり」ではなく、仲間と協力してコミュニケー. ションを取りながら問題解決する力。ここにも多様化する社会が後景に。

●<国内初> どこでも学べる高品質の日本語教育プログラムを提供 http://sankei.jp.msn.com/economy/news/130318/prl13031816590071-n1.htm
Web業者と教育産業企業とのコラボ。しかもオンデマンド学習とライブレッスンの組み合わせ。

●低学年からの国語辞典 「辞書引き学習」ブームで進化 http://www.tokyo-np.co.jp/article/living/life/CK2013031502000177.html
付箋で「マイ辞書」が2006年からブーム。ただ辞書の引き方を学ぶのは小学三年。ところが総ルビ化などの工夫で、35%が「入学前に国語辞典を購入(ベネッセ調べ)」。

●Dnavi – 国立国会図書館 データベース・ナビゲーション・サービス http://dnavi.ndl.go.jp/bnnv/servlet/bnnv_user_top.jsp
ある意味、マッチングサイトでもある。国会図書館がプラットフォームを提供しており、国会図書館以外のコンテンツホルダーも、利用すれば公開の手段を手にできる。(プレゼン資料 http://bit.ly/103jT69 )

●レファレンス協同データベース http://crd.ndl.go.jp/reference/
図書館員が実際に利用者から受けた質問と調べた結果を集めたウェブサイト。ユニーク例いっぱい!利用者の質問、館員が調査。全国579館参加、10万件登録

●歴史的音源 http://rekion.dl.ndl.go.jp/
国立国会図書館が国内で製造されたSP盤などのアーカイブである「歴史的音源」の専用ウェブページを公開。「器楽(クラシック音楽)」「器楽(クラシック以外)」「声楽」「民謡・国民音楽(外国)」「民謡・国民音楽(日本)」「唱歌・童謡」などのジャンル別。無論、タイトル、作詞者、作曲者、アーティスト、アレンジャーなどキーワードからの検索も可能。全国の参加図書館など100カ所以上の施設で聴くことができるほか、741件についてはインターネットでも公開。

●徳島市立図書館と連携協力に関する協定を締結しました(2013/03/13) Library The University of Tokushima- http://www.lib.tokushima-u.ac.jp/news/news12/2013031301.html
そもそも所蔵図書に相互補完性がありそう。大学図書館と公共図書館の連携協力は初めてで、図書資料の相互賃借や、展示・行事などの共同開催、移動図書館車の巡回で協力。

●過去60年で最低。米新聞広告収入推移を示したグラフ

┃Web あるいは知のパラダイムシフト
データ 情報 知識 ネット 検索 学習 意思決定 メディア ストラクチャ

●過去60年で最低。米新聞広告収入推移を示したグラフ
http://longtailworld.blogspot.com/2012/02/60us-print-newspaper-ad-revenue-1950.html
こんな風に視覚化されると、衝撃的。新聞という商品・サービスが、
(あるいはその事業環境が、といったほうが正確か)まるごと別世界
に突入したことをよく表している。

●あらたにす~学生は言いたい!
http://www.facebook.com/allatanys?sk=app_376484715713843
2008年から始まった、日経新聞と朝日新聞、読売新聞の3紙の1面記
事や社説を読み比べできるニュースサイト「新s あらたにす」が終了
した。このfacebookサイトはその後継。どれくらい、またどんな風に
学生が参加してくるのか、興味があることろ。

●電子の時代、作家はネット起業家になるのか?——アマンダ・ホッキング氏の場合を例に
http://mediaprobe.co.jp/blog/digitalmedia/2012/03/02/824/
新聞で起きたことが、書籍でも起きている(=ある商品・サービスの
事業環境が、まるごと別世界に突入した)。ただしそれは旧世界の感
覚のママで新米作家がベストセラー作家になれるという話しではない。
だって別世界なんだもの。「起業家になる」、それが別世界での「掟」。

●「まとめサイト」が電子書籍に起こす革命
http://business.nikkeibp.co.jp/article/opinion/20120221/227444/?rt=nocnt
検定教科書は、「検定」が参入障壁。電子教科書が「検定」外になれ
ば、教育界に別世界が広がってゆく可能性がある。ここで別世界とは、
「インターネット以降」の価値観に基づいた書籍世界のこと。そこで
はたとえば、「編集」も再定義されてゆく。ソーシャルリーディング
はひとつの象徴だ。

●「なぜ、Webではなくて電子書籍なのか?」―第26回「HTML5とか勉強会」パネルディスカッションレポート
http://enterprisezine.jp/article/detail/3812
ある人は「足りない」と言い、ある人は「機能が過剰」と言う。それ
って何に対して? 紙の本に対して? 紙との比較論より、別の議論
がしたいな。別な新しいものを創っていこうよ。たとえばPASMOは、
現金でも定期券でも回数券でもない、新しいユーザーエクスペリエン
スを提供したからこそ、あれだけ広まった。違うかな。

●「電子書籍」という概念を越えてテクストの新しい形を模索すること
http://gitanez.seesaa.net/article/253529323.html
「検索と発見を目的とするアプリケーションのデザイナーとして、僕ら
はこれからの学習やリテラシーのあり方を決めることになる」。

●日本からはなぜアップルが生まれないのか
http://business.nikkeibp.co.jp/article/interview/20120228/229259/?P=1&rt=nocnt
「実直にモノを作り続けるだけではなく、ユーザー側から見た情報を徹
底的に使い、ユーザーにとっての価値を高めながらモノを作る。それも
ただ作るだけではなく、お金の取り方なども含めた商売の土俵を作る。
それが実にうまい」。「学ぶべきは先進国ではなく新興国の企業」。
「最悪なのはアンケートに依存すること」。

●角川GがKindle配信でアマゾンと契約締結
http://bit.ly/zcRjfI
Amazonとの契約云々より、この「事件」で重要なこと:「他の
大手出版社と同調せず、単独での発表となったこと/価格決定権
を絶対条件としなかったこと/現在設立準備が進められている
「出版デジタル機構」を事実上無視したこと」。(新文化の記事
http://bit.ly/x5y8om )

●電子書籍市場の活性化促す? 2つのデジタル化事業に国家予算
http://www.asahi.com/digital/mediareport/TKY201202100294.html
とにもかくにも、マネーがマネーを産み出すメカニズムを、動か
し始めたい。トルクと馬力というときの、トルクに相当すること
を、10億円でやろうということ。6万点がほんとうに実現すれば、
電子書籍市場が、各プレーヤーが、動き始める、その呼び水には
なる」。

●学校でのICT活用についての実態調査と教育の情報化への提言
http://bit.ly/xdhCgU
マイクロソフトと(社) 日本教育工学振興会 (JAPET) との共同調査。
学校の経営側ではない、一般教員の声が集まっている。保護者が、
子どもに情報化社会に対応するための能力を身につけて欲しいと考
え、学校における教育の情報化の促進を望んでいる のに対し、学校
(小中高校)の現場の実情は厳しい。

●映して使う「デジタル教科書」 東京・港区が採用へ
http://www.asahi.com/edu/news/TKY201202140721.html
大日本図書が展開している「電子教科書」。ただし、電子黒板(電
子情報ボード)やデジタルテレビをはじめとする、新しい教室環境
での、教育ツール全般を指す言葉として使われている、指導用提示
型教材。(『指導用デジタル教科書編』たのしい理科 http://bit.ly/yM6Hdh )

●通知表作り、電子化広がる 教師「子に接する時間増加」
http://www.asahi.com/national/update/0224/TKY201202240280.html
電子教科書は、こういった「校務」のデジタル化と抱き合わせで進
むだろう。

●TOKYO図書館紀行
http://www.genkosha.com/tokyo_library_guide/
「わざわざ訪れたい、行ってみたくなる図書館」「未知の「知」
と出会える、素敵な東京の図書館、30館を紹介」。このサイトで
もっと展開してくれるといいのに。

●アフリカにおけるFacebookをトリガーにした顧客開拓
http://www.icr.co.jp/newsletter/global_perspective/2012/Gpre201216.html
ネットワークカバレッジと料金競争だけではない、付加価値サー
ビス(Value Added Service:VAS)の事例。「USSD(Unstructured
Supplementary Service Data)経由」が味噌。日本ではあまり知
られていない。古い携帯電話でもネット接続環境がなくても、テキ
ストベースの書き込み、および閲覧が可能。アフリカなど新興国で
出回っているほとんどの携帯電話で対応。SMSと似ているが、USSD
はセッションが行われている間のみトランザクションが発生する仕様。

●eコマース分野で世界NO1を日本企業が取得

クリックして20120217.pdfにアクセス

ネットオフが世界一の古本販売オンライン書店に認定された。正式
タイトル: Most second hand books sold online in one year。
記録: 5,921,914 点(2010年1月1日~2010年12月31日の1年間に販売した数)。

●九電、文書処理速度30倍に 電力料金集計にも活用へ
http://s.nikkei.com/A1Zzta
社内文書の処理方法で新技術に慣れ、ビッグデータの取り扱いのノ
ウハウを磨く、というのはアリかも。膨大な量のデータを効率的に
分散処理するソフトウエア『Hadoop』を活用。

●[Cloud & BigData]「Hadoopは神のようなエンジニアを不要にした」――。米アマゾンが講演
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20120228/383521/
「それまでは、コモディティー化されたサーバーで対故障性を高め
ながら、分散コンピューティングを実施するには、神のようなエン
ジニアが必要だった」。この状況が変わることで、エンジニアの仕
事の意義が変わった。「アマゾンのエンジニア(の)仕事はデータ
を処理することではなく、お客様のためになるイノベーションを生
み出すことだと話している」。

●いまさら聞けないHadoopとテキストマイニング入門
http://www.atmarkit.co.jp/fjava/rensai4/hadoop_tm01/01.html
例えば、Yahoo! JAPANでは、検索をする際のクエリなどのログ解析
にHadoopを使用。Webページ(の本文)など、人間が書いた、した
がって構造化(タグの付与)されていないテキストを解析する「テキ
ストマイニング」に焦点を当てた解説。

●TwitterやFacebookで使われている「Apache Hadoop」のメリットや歴史を作者自らが語る
http://gigazine.net/news/20110902_apache_hadoop/
情報爆発の現実に対し、コモディティ化されたPCという変化を繋
ぎ合わせた、21世紀型「解」。それにオープンソースの味付けを
する。

●個性的なサービスが続々、センサで広がるサービス
http://easy.mri.co.jp/20120228.html
スマホに内蔵されているセンサ(GPS他)が多数ある上に、ス
マホと連携する外付け型センサがある。中には自律神経の状態を
教えてくれるものまで。

●サイバー空間における戦争の位置付け:Global Perspective 2012
http://www.icr.co.jp/newsletter/global_perspective/2012/Gpre201217.html
戦争の定義が曖昧になったのが21世紀だが、それは戦争から紛争へ、
という側面だけでなく、リアルでの攻撃からネットでの攻撃へ、の変
化も背景にある。