●電子出版、作家も本格参入 成長するビジネスモデル 既刊作品が続々、絶版復刊も魅力

A:<メディアとしての紙>から<デジタル化するメディア>へ

●電子出版、作家も本格参入 成長するビジネスモデル 既刊作品が続々、絶版復刊も魅力 http://www.nikkei.com/article/DGKDZO76010260S4A820C1BC8000/

「電子出版の機は熟した(池澤夏樹電子出版プロジェクト 記者発表レポート)」が、次第に日本市場のセンチメントに。

続きを読む

●「成長病」にさよならを 週のはじめに考える

 

┃金融リテラシー あるいは資本主義のメタモルフォーゼ
ビジネスモデル、経営、成長と生産性、金融、会計、税制、経済法など

●「成長病」にさよならを 週のはじめに考える http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2014070602000125.html
「成長病に侵された政府は資本主義にしがみつき、成長至上にとらわれた政策を続けている。それが多大な犠牲を生んでいるのです」。「「脱成長」。それは後ろ向きな発想ではなく、現在の「過剰さ」に向き合い、適正な水準に見直す」こと。

続きを読む

●『なめらかな社会とその敵』生命の起源から、300年後の未来を構想する

130315 MP

┃金融リテラシー あるいは資本主義のメタモルフォーゼ
ビジネスモデル、経営、成長と生産性、金融、会計、税制、経済法など

●『なめらかな社会とその敵』生命の起源から、300年後の未来を構想する http://honz.jp/23020
生物は「膜」とともに進化してきた。システムの境界を同定して内と外を分ける膜は、複雑な世界の複雑さを縮減する役割を果たす。一方で、世界の複雑さをそのまま環境の方に押し付け、自分で対処しなくて済むように、環境を作り替えてしまうやり方、それを人類は長らくやってきた。家族、部族、王、国家、社会、これが「環境」。さて作ってきた、ということは、いつでも作り変えることもできるはず。机上の空論だろうか。然り、20世紀までは。しかし21世紀、ウェブの登場によって、社会制度の再設計は、格段に現実味を帯びるようになってきている。

続きを読む