セミナー備忘録:辞書鼎談 「紙の辞書はもういらない?」~ハブ企業とハブメディア

JEPAセミナー:辞書鼎談 「紙の辞書はもういらない?」

日時: 2014年7月16日(水) 15:00-17:30(受付開始14:30)
場所: 飯田橋:研究社英語センター 地図
料金: 2000円(JEPA会員社は無料)
主催: 日本電子出版協会(JEPA) プラットフォーム委員会、レファレンス委員会

●増井 元 氏
1971年、岩波書店入社。30余年にわたり、『広辞苑』『岩波国語辞典』等の辞典編集にかかわる。2008年退任。
●飯間浩明 氏
1967年香川県生まれ。『三省堂国語辞典』編集委員。早稲田大学非常勤講師
●永田健児 氏
2001年に辞書事典のデジタル化を 専業とする株式会社ディジタルアシストを起業。代表取締役。日本電子出版協会レファレンス委員会委員長。

http://info.jepa.or.jp/seminar/20140716

広辞苑と『三国(さんこく=三省堂国語辞典)』

増井元(はじめ)さんが、広辞苑はハブを目指している、と言った。

これを受け、ハブを目指して作られている辞書が実際は、ターミナルになっている現状を憂慮するとは、『三国(=三省堂国語辞典)』の飯間浩明さん。

続きを読む