●インタビュー:書籍「中身化する社会」が示す、21世紀の本質的生き方

130614 PM

┃Post Modern あるいは再編成されるLife(生活/生命/人生)
環境、ケア、家族、地域、仕事、消費、教育、社会保障、時間など

●インタビュー:書籍「中身化する社会」が示す、21世紀の本質的生き方 http://www.afpbb.com/fashion/article/lifestyle-mp/2947738/10844407
ソーシャルメディアや可視化の問題点、あるいは「「中身化」というトレンドについて。「日本に帰ってきて、みんながスーツとかジャケットとか着ている姿を見て、改めて似合ってないなって思ったんです」そして「スーツやネクタイをしながらも、ファーストフードで食事をしている大人がたくさんいる東京と、ファーストフードが劇的に減って、ボタンダウンシャツにチノパンだけどかなりオーガニックなものを食べるのが普通になっているニューヨーク」。そこにネットの受容の違いを見る視点が斬新。

続きを読む

●村上春樹作品の“離脱する主人公”に見る時代遅れ感  新しい共同体のヒントは『ONE PIECE』にあり?

130517 PM

┃Post Modern あるいは再編成されるLife(生活/生命/人生)
環境、ケア、家族、地域、仕事、消費、教育、社会保障、時間など

●村上春樹作品の“離脱する主人公”に見る時代遅れ感  新しい共同体のヒントは『ONE PIECE』にあり? http://diamond.jp/articles/-/35546
村上小説において、共同体からのデタッチメント(離脱)を望む主人公は、否応なく別の、あるいは新しい共同体にコミット(関与)せざるを得ない、というのが、多くの作品に共通するストーリーの雛形。ただしそれは20世紀の社会モデルが前提にないか。21世紀の社会は、「いつでも離脱可能な」ものに変質している。そこではむしろ「どのようにコミットメントするか――つまり、どのように自ら望んで関係を構築するか」が切実なテーマになっている。

続きを読む