「台割り」の呪縛を乗り越える、辞書の電子化(2)~【セミナー備忘録】:『デジタル大辞泉』すべて見せます話します

(前半が主に「制作面」。休憩をはさんで後半は「販売・プロモーション面」の話でした)

・後半開始、開口一番言われたのが、「大人の辞書は終わった」

・正確には、「大人向け、社会人向けの紙の辞書」に将来はないだろう、ということ。
・果たして広辞苑の第七版は出るのか。小学館の「大辞泉」は普通に考えると無理。ただ会社の90周年記念の一環で刊行されることはあるかもしれない。それくらい、紙の辞書の刊行は難しい局面に来ている。
・学習者向けは一定の規模を維持していくが、社会人向けはネットシフトで激変が起きている。
続きを読む

「台割り」の呪縛を乗り越える、辞書の電子化(1)~【セミナー備忘録】:『デジタル大辞泉』すべて見せます話します

(自分用の備忘録です。議事録ではありません)

JEPAセミナー:『デジタル大辞泉』すべて見せます話します

 デジタル辞書の世界で、果敢な挑戦を続けられている小学館「デジタル大辞泉」について、板倉編集長に制作から 販売までのすべてを語っていただきます。

日時: 2014年10月16日(木) 15:00-17:30(受付開始14:30)
場所: 飯田橋:研究社英語センター

主催: 日本電子出版協会(JEPA) レファレンス委員会、プラットフォーム委員会

■講師  大辞泉 板倉 俊 編集長
【プロフィール】 1959年生まれ。 1991年小学館入社。以来『大辞泉』の編集を担当。小学館出版局プロデューサー:デジタルリファレンス編集長。

■概要
●前半 「『デジタル大辞泉』の作り方」
初めにデジタル化ありき ~CD-ROM版とXML化
データベースの活用 ~編集システムの構築と活用【デモ有】
最新の言葉を辞書で引く ~新規項目の追加と既存項目のメンテナンス
未来の辞書スタイル ~カラー画像、地図、外部リンク、大辞泉プラス

●後半「『デジタル大辞泉』のビジネス展開」
時代に合わせたデジタル展開 ~アプリ開発と外部提供
書籍版『大辞泉 第二版DVD-ROM付』の特長
あなたの言葉を辞書に載せよう ~ネットキャンペーンと「笑っていいとも!」

●質疑応答

続きを読む

セミナー備忘録:辞書鼎談 「紙の辞書はもういらない?」(2)~異業種が切り拓いた辞書の電子化

辞書三賢人の鼎談を聞きながら、思い出したこと、考えたことを忘れないうちにメモしておこう。書籍一般の電子化を考える際のヒントがあるかもしれない。

1.異業種が切り拓いた辞書の電子化
2.需要創造(売上獲得)と付加価値分配の行方
3.ネット普及を背景に進化したビジネスモデル
イ.コンテンツ卸売モデル
ロ.会員制・従量モデル
ハ.広告モデル

1.異業種が切り拓いた辞書の電子化

辞書の電子化には三修社の功績は大きいが、世間の注目を浴びたのはセミナーでも現物が登場した広辞苑CD-ROM。これは「大日本印刷と富士通さんが頑張っ」てようやくできた代物で、当時「2万8000円。これを使うための富士通のオアシスが204万円」(増井氏)だったというのは、もはや歴史的エピソード(笑い話)となっている。
続きを読む

辞書鼎談 「紙の辞書はもういらない?」

昨日(2014年7月16日)のJEPAセミナーは、知性に裏付けられたユーモアにあふれた、とても素敵な時間でした。

2014.07.16 辞書鼎談 「紙の辞書はもういらない?」 – JEPA http://info.jepa.or.jp/sem/013

続編に期待!!

辞書セミナー パネル

http://www.d-assist.com/doc/JEPA1407/JEPAsemi.html

辞書セミナー パネルオープン

 

_____________________
電子出版関連の事業企画、マーケティングに。
『情報note|知のパラダイムシフト』2014年7月三号
http://www.amazon.co.jp/dp/B00LR4PFPI