●消費動向 過去の豊かさと決別した「ニューノーマル消費」定着 “成人子ども”との「一族消費」が価値観も変える!

130201 MP

┃金融リテラシー あるいは資本主義のメタモルフォーゼ
ビジネスモデル、経営、成長と生産性、金融、会計、税制、経済法など

●消費動向 過去の豊かさと決別した「ニューノーマル消費」定着 “成人子ども”との「一族消費」が価値観も変える!
http://diamond.jp/articles/-/30832
人口構造の変化がこんなコンセプトを産みだした、「成人子ども」。85歳の両親が健在なら、50歳の会社役員であっても、「子」である。そういった意味で、日本には「子」が多くいる。そして縮減経済の意識が、「一族消費」の発想を支持し始めている。「企業は戦後、核家族を前提に商品を設計してきた。例えば家、車、家電などだ。(しかし今後は)一族、3世代などで使えるものに注目が集まるだろう。二世帯住宅や、なかには2.5世代住宅も注目されている」。

続きを読む