●「機械 VS 人間」か「機械と人間」か

【ハイライト:電子書籍『情報note』2014年7月三号】

C:技術で/技術が/技術を(ICT:産業・法・制度論と技術文化論)

●「機械 VS 人間」か「機械と人間」か http://kcszk.com/blog/archives/6486
人間のやること、できることをなぞる機械から、考えること、さらには考えきれないことを実現する機械へ進化しつつある現代。「不気味の谷(機械が人間に似てくるときに、あるところから化け物のように不気味と感じる現象のこと)」を超えて、機械と人間は共存していけるか。

続きを読む

●米国2015年度予算教書:チャンスと経済成長のための科学、テクノロジー、イノベーション.

 

┃金融リテラシー あるいは資本主義のメタモルフォーゼ
ビジネスモデル、経営、成長と生産性、金融、会計、税制、経済法など

●米国2015年度予算教書:チャンスと経済成長のための科学、テクノロジー、イノベーション…

クリックして100557524.pdfにアクセス

「予算とは我々の選択や価値観を示すものだ」。オバマ大統領は、富裕層が恩恵を受けている税法の抜け穴をふさぎ、歳出改革を行うことでまかなうとして、560億ドル(約5兆7000億円)の特別歳出枠を提案している。そのうえで、技術に言及。「今日、イノベーションに全力を挙げる国家は、明日のグローバル経済を制するものであるということが、私たちにはわかっています。これはアメリカが明け渡すことのできない強みなのです。連邦政府の資金提供による研究が、Google やスマートフォンを支えるアイデアとイノベーションへの道を拓く手助けをしました……薬物耐性菌の一歩先を行くワクチンや、鋼よりも強靱な紙の様に薄い材料を基盤として構築するべき産業が多くあるのです」 。

続きを読む

●電子書籍の流通と利用の円滑化に関する実証実験報告書

130705 PS

┃ebook あるいは知のパラダイムシフト
ICT、情報、知識、検索、学習、意思決定、ソーシャルメディアなど

●電子書籍の流通と利用の円滑化に関する実証実験報告書(平成25年3月) http://www.bunka.go.jp/chosakuken/jikken/pdf/h24_hokokusyo.pdf
委員は、乾 智之 株式会社講談社 社長室 室次長/植村 八潮 専修大学 文学部 教授/宇田川 信生 株式会社紀伊國屋書店 eコマース事業本部 理事・本部長/新堀 英二 一般社団法人電子出版制作・流通協議会 技術委員会 委員(大日本印刷株式会社 honto ビジネス本部 ビジネス開発ユニット出版メディア研究部長)/福井 健策 弁護士(骨董通り法律事務所)。

続きを読む