●老舗出版社の“読書離れ”を食い止める奇策「続きを読んで!」とツイートするしおり

【ハイライト:電子書籍『情報note』2014年8月二号】

A:<メディアとしての紙>から<デジタル化するメディア>へ

●老舗出版社の“読書離れ”を食い止める奇策「続きを読んで!」とツイートするしおり http://markezine.jp/article/detail/20546

「読書2.0」的発想。守るべきは「読書」だ、「出版」じゃない!読書を支援する「デジタルしおり」。 「一見普通のしおりですが、光センサー、タイマー、ナノチップが組み込まれていて、しおりをはさんで本を閉じた瞬間から経過した時間を記録し、ある一定以上の時が経過すると、『そろそろ本を開けて続きを読み進めた方がいいよ』とツイートしてくれる」。

しかもしかも、「いくつかの作家別に用意されていて、まるで作家自らがツイートしてくれたかのように、作家独自の語り口や代表作の引用文を用いて、本の続きを読むようツイートしてくれる」。

続きを読む

●「ことば」への違和感から

140418 PS

┃ebook あるいは知のパラダイムシフト
ICT、情報、知識、検索、学習、意思決定、ソーシャルメディアなど

□ebookから<学習・教育のデジタル化>へ

●「ことば」への違和感から http://blog.iaspectrum.net/2014/04/07/bergson/
「ことばによる「理解」は、生きるという経験のごく一部でしかない。生きていくためにとても重要なことだけれど、それがすべてではないはず」。確かに。しかしベルクソンの問題意識、「意識に直接与えられているもの」ではない「ことば」が、コンピュータからダイレクトに脳へ送り込まれる時代がすぐそこに来ている、時節でもある。

続きを読む