●5年後、上司はいなくなって、あなたは複数の会社に属することになる。

141205 PM

┃Post Modern あるいは再編成されるLife(生活/生命/人生)
環境、ケア、家族、地域、仕事、消費、教育、社会保障、時間など

●5年後、上司はいなくなって、あなたは複数の会社に属することになる。 http://lrandcom.com/fasten



もうすぐ、「会社」は20世紀の「遺産」に認定される日がくるかもしれない。「まだまだ日本の企業の多くが、「20世紀の工業社会モデル」を21世紀の知識社会型の世の中に無理矢理当てはめようとしており、タイムカードで勤怠を管理したり、部署ごとに部長、課長と机を並べ、隣や前を見えるようにすることで無駄話をしていないかなどを厳しく監視することに時間とコストを使ってい」るが、それは凋落の徴になるのかも。ミスチルにならって、「靴ひもを結び直して」、「21世紀の知識型社会」を歩こうという覚悟を持つことができれば、それほど悪い時代ではない、のだが。

続きを読む

広告

●最新版!「生涯給料」トップ500社 | ランキング

141031 MP

┃金融リテラシー あるいは資本主義のメタモルフォーゼ
ビジネスモデル、経営、成長と生産性、金融、会計、税制、経済法など

●最新版!「生涯給料」トップ500社 | ランキング http://toyokeizai.net/articles/-/52039

企業ごとの「生涯給料」を試算。全上場企業の中から、主要企業や年収が特に多い会社を選び出し、トップ500社をランキングとしてまとめた。算出額には、賞与や残業代なども含まれている。

続きを読む

●個人事業主2.0 |

141010 PM

┃Post Modern あるいは再編成されるLife(生活/生命/人生)
環境、ケア、家族、地域、仕事、消費、教育、社会保障、時間など

●個人事業主2.0 | スモールビジネスラボ http://www.freee.co.jp/smb-lab/sole-proprietor-2


個人事業主2.0とは、「Web・クラウドを使いこなす、新しいワークスタイルを実現している個人事業主」。彼ら彼女らは、「自由に働けていると感じており、 かつ漠然とした不安がない(不安を具体化している)」。この「(不安を具体化している)」、とは、対応方法がわかっている、ということ。変化に強いIT、クラウドがそれをサポートしている。

続きを読む

●水素で走る燃料電池車、ホンダが日本で先行発売へ

140627 PM

┃Post Modern あるいは再編成されるLife(生活/生命/人生)
環境、ケア、家族、地域、仕事、消費、教育、社会保障、時間など

●水素で走る燃料電池車、ホンダが日本で先行発売へ http://www.huffingtonpost.jp/2014/06/25/fcv-honda_n_5528102.html

FCVは、水素と空気中の酸素を化学反応させて発生する電気でモーターを回して走る車で、運転中は水のみを排出し二酸化炭素などを出さないことから、「究極のエコカー」とも言われている。

続きを読む

●ANA、IT技術を導入して働き方とコスト構造改革を推進

 

┃Post Modern あるいは再編成されるLife(生活/生命/人生)
環境、ケア、家族、地域、仕事、消費、教育、社会保障、時間など

●ANA、IT技術を導入して働き方とコスト構造改革を推進
http://response.jp/article/2014/04/24/221955.html
新たな音声基盤導入により、「通話料の抑制」や、「更新コスト抑制」といった効果に加え、「スマートフォンの活用により組織変更や事業所移転・レイアウト変更にかかるコストの低減が図れる。同時に、外出先でも外線・内線での通話ができるなどのモビリティ性が向上する。「場所に囚われない新しい働き方」の実現を加速させる」。

続きを読む

●欧州メガトレンド

 

┃Post Modern あるいは再編成されるLife(生活/生命/人生)
環境、ケア、家族、地域、仕事、消費、教育、社会保障、時間など

●欧州メガトレンド
http://www.rolandberger.co.jp/media/pdf/Roland_Berger_Shiten94_20131219.pdf
個人の影響力拡大=グローバルコミュニティと期待値ギャップの拡大/人類社会の発達と不平等・気候変動・資源枯渇/世界の多極化とガバナンス機能の限界。

続きを読む

●賃金改善を見込む企業は 46.4%と過去最高

 

┃金融リテラシー あるいは資本主義のメタモルフォーゼ
ビジネスモデル、経営、成長と生産性、金融、会計、税制、経済法など

●賃金改善を見込む企業は 46.4%と過去最高
http://www.tdb.co.jp/report/watching/press/pdf/p140204.pdf
帝国データの「2014年度の賃金動向に関する企業の意識調査」。賃金を改善する理由は「労働力の定着・確保」が最多。また、「物価動向」や「同業他社の賃金動向」が大きく増加。

続きを読む