「図書館」と「Library」は同じじゃない。

「りんご」と「apple」は同じものを指す、ふたつの言語だ。 ところが、「図書館」と「Library」は、同じものを指す、とはなかなか言えない。 「図書館」と「Library」は重なる部分と重ならない部分とがある。

1.何をミッション、自身のレーゾンデテールと考えているか

・「蔵書しておいて、将来の何かの折にユーザーが現れる時に備える」発想と、 「地域住民のいまのニーズに応える」という発想。どちらかのみということではないが、バランスとして米国は後者がかなり強い。 続きを読む

「電子図書館を考える」~セミナー備忘録

(自分用のメモです)

※登壇者は2名。そのうち、後の伊藤 倫子氏のものは、「公開不可」とのことでしたので、前段の金原俊氏の部分だけ。

2014年11月4日 「電子図書館を考える」

日本の公共図書館での電子書籍利用は、なかなか進んでいないのが実状です。2013年に電子出版制作・流通協議会が実施した調査によると、電子図書館サービスを実施している公共図書館は回答を寄せた225館中17館(8%)。それ以外の事例を含めても30館にも達していないというのが現状のようです。

一方、米国では全公共図書館の9割以上(米国図書館協会調べ)で電子書籍サービスを提供中とのこと。米国の公共図書館ではなぜこんなに電子図書館サービスが普及しているのでしょうか。日本との違いはどこにあるのでしょうか。実際、どのような使われ方をしているのでしょうか。

1部では、電子図書館の意義、現状、ビジネスモデル、今後の方向性などに関する、JEPA電子図書館委員会によるこれまでの検討内容を、 委員長の金原俊が報告します。
2部では、米カンサス大学図書館で司書として図書館業務に携わる伊藤倫子氏をお呼びし、米国公共図書館における電子書籍の現状や展望などを、利用する側の視点を交えてお話しいただきます。

日時: 2014年11月4日(火) 15:00-17:30(受付開始14:30)
場所: 飯田橋 研究社英語センター

主催: 日本電子出版協会(JEPA) 電子図書館委員会

題目: 1部 JEPA電子図書館委員会報告
【講師】 金原 俊  :医学書院取締役副社長

2部『今、米国公共図書館で電子書籍はどうなっているか:米国司書からのメッセージ』
【講師】 伊藤 倫子氏 :Japanese Studies Librarian, University of Kansas Libraries(カンサス大学図書館 日本研究司書)

http://info.jepa.or.jp/sem/022

「図書館」といっても、本セミナーの対象はあくまで「公共図書館」。

また金原さんの登壇は、JEPA・電子図書館委員会の委員長としてのご発言、というのが大前提のセミナーでした。

続きを読む

●世界ナンバーワン電子図書館システム「OverDrive」の実力

A:<メディアとしての紙>から<デジタル化するメディア>へ

●世界ナンバーワン電子図書館システム「OverDrive」の実力 http://internet.watch.impress.co.jp/docs/event/20140708_656827.html

「出版社にとって電子図書館は、本のプロモーションの場になった」。このことを米国版元が理解した時点から急拡大、ブランドを確立した。日本での成功もいつにここにかかっている。同時に、業務提携のメディアドゥが実は「EPUB3」のお世話をする。英語の世界では、必ずしも「3」への移行は必須でない。しかし縦書きやルビの技術対応がないと、また、フィックス型EPUBのノウハウがないと日本での成功はおぼつかない。

続きを読む

●電子書籍の流通と利用の円滑化に関する実証実験報告書

130705 PS

┃ebook あるいは知のパラダイムシフト
ICT、情報、知識、検索、学習、意思決定、ソーシャルメディアなど

●電子書籍の流通と利用の円滑化に関する実証実験報告書(平成25年3月) http://www.bunka.go.jp/chosakuken/jikken/pdf/h24_hokokusyo.pdf
委員は、乾 智之 株式会社講談社 社長室 室次長/植村 八潮 専修大学 文学部 教授/宇田川 信生 株式会社紀伊國屋書店 eコマース事業本部 理事・本部長/新堀 英二 一般社団法人電子出版制作・流通協議会 技術委員会 委員(大日本印刷株式会社 honto ビジネス本部 ビジネス開発ユニット出版メディア研究部長)/福井 健策 弁護士(骨董通り法律事務所)。

続きを読む