after :「ドリルをどうする!?」

タイトルのつけ方、って大事。

その好事例。

before :IMS Content PackagingとQTIの利用

after :「ドリルをどうする!?」

●7/28 Wilbert Kraanさん「ドリルをどうする!?」
http://peatix.com/event/43791/
EPUBで日本の「読み物」の電子化は進んでいますが、問題集、ドリル、テストなど対話型コンテンツの電子化をどうするのか? について技術的な解説です。

 

_____________________
デジタルが社会を変えていく。仕事と生活へのヒントを。
『情報note|知のパラダイムシフト』2014年7月三号
http://www.amazon.co.jp/dp/B00LR4PFPI

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中