電子書籍の今:第68回 毎日新聞読書調査~電子書籍関連 (まず67回の整理から)

昨年の67回と今回(2014年10月26日紙面 68回)との比較をしてみよう。

現段階では詳細情報は昨年分だけなので、まず昨年の整理。

1.普及状況

・電子書籍を「読んだことがある」と答えた人(17%)。

・70歳以上:3%/60代:5%/50代13%/40代21%/30代34%/20代41%。

続きを読む

広告

 「資本論」じゃなくて、「資本」にしたんだ。~ピケティ勉強会(3)

タイトルは『21世紀の資本論』ではなく、『21世紀の資本』に。

・予約活動も真っ最中で、版元のみすず書房で一部PDFで読めるようになったりしています。

http://www.msz.co.jp/book/pdf/07876_intro.pdf

・訳者のサポート、応援ページはこちらです。

http://cruel.org/books/capital21c/


ピケティ用語集 http://bit.ly/1vjytXR

ピケティ勉強会(4) 実は、ピケティはこうも言っている。 http://society-zero.com/chienotane/archives/24

「台割り」の呪縛を乗り越える、辞書の電子化(2)~【セミナー備忘録】:『デジタル大辞泉』すべて見せます話します

(前半が主に「制作面」。休憩をはさんで後半は「販売・プロモーション面」の話でした)

・後半開始、開口一番言われたのが、「大人の辞書は終わった」

・正確には、「大人向け、社会人向けの紙の辞書」に将来はないだろう、ということ。
・果たして広辞苑の第七版は出るのか。小学館の「大辞泉」は普通に考えると無理。ただ会社の90周年記念の一環で刊行されることはあるかもしれない。それくらい、紙の辞書の刊行は難しい局面に来ている。
・学習者向けは一定の規模を維持していくが、社会人向けはネットシフトで激変が起きている。
続きを読む

●「ジャパン・クライシス」が迫っている

141024 MP

┃金融リテラシー あるいは資本主義のメタモルフォーゼ
ビジネスモデル、経営、成長と生産性、金融、会計、税制、経済法など

●「ジャパン・クライシス」が迫っている http://toyokeizai.net/articles/-/50845

「地方創生」というテーマ。これこそ「時代錯誤です。「列島改造」や「ふるさと創生」の発想のまま、ばらまきで経済成長ができると思っている。日本経済のメカニズムはその頃と様変わりしていますから、効果がないばかりか、事態をいっそう悪化させてしま」う。アベノミクスの本質は、対症療法にすぎない。日本経済がいま抱えている問題点の多くは、構造的で長期的なもの。本来少しでも体力が残っているうちに、構造的な問題への道筋をつけなくてはいけない。それに手を付けない先に見えてくるのは、ハイパーインフレに見舞われている日本の未来。

続きを読む

●日本人の長寿を支える「健康な食事」のあり方に関する検討会 報告書

141024 PM

┃Post Modern あるいは再編成されるLife(生活/生命/人生)
環境、ケア、家族、地域、仕事、消費、教育、社会保障、時間など

●日本人の長寿を支える「健康な食事」のあり方に関する検討会 報告書 http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-10901000-Kenkoukyoku-Soumuka/0000061366.pdf


生活習慣病の予防に資する「健康な食事」を事業者が提供するための基準を策定=「健康な食事」の基準と、その普及のためのマークの策定。この基準は、食事を提供する事業者が使用。政府としては特に、コンビニエンスストア・宅配食業者などと連携した「健康な食事」の普及に取り組む予定。

続きを読む

「台割り」の呪縛を乗り越える、辞書の電子化(1)~【セミナー備忘録】:『デジタル大辞泉』すべて見せます話します

(自分用の備忘録です。議事録ではありません)

JEPAセミナー:『デジタル大辞泉』すべて見せます話します

 デジタル辞書の世界で、果敢な挑戦を続けられている小学館「デジタル大辞泉」について、板倉編集長に制作から 販売までのすべてを語っていただきます。

日時: 2014年10月16日(木) 15:00-17:30(受付開始14:30)
場所: 飯田橋:研究社英語センター

主催: 日本電子出版協会(JEPA) レファレンス委員会、プラットフォーム委員会

■講師  大辞泉 板倉 俊 編集長
【プロフィール】 1959年生まれ。 1991年小学館入社。以来『大辞泉』の編集を担当。小学館出版局プロデューサー:デジタルリファレンス編集長。

■概要
●前半 「『デジタル大辞泉』の作り方」
初めにデジタル化ありき ~CD-ROM版とXML化
データベースの活用 ~編集システムの構築と活用【デモ有】
最新の言葉を辞書で引く ~新規項目の追加と既存項目のメンテナンス
未来の辞書スタイル ~カラー画像、地図、外部リンク、大辞泉プラス

●後半「『デジタル大辞泉』のビジネス展開」
時代に合わせたデジタル展開 ~アプリ開発と外部提供
書籍版『大辞泉 第二版DVD-ROM付』の特長
あなたの言葉を辞書に載せよう ~ネットキャンペーンと「笑っていいとも!」

●質疑応答

続きを読む

●博報堂生活総研・吉川昌孝の「常識の変わり目」:え? 「過半数が50歳以上」に──2023年のニッポン、一体どうなる?

141017 PM

┃Post Modern あるいは再編成されるLife(生活/生命/人生)
環境、ケア、家族、地域、仕事、消費、教育、社会保障、時間など

●博報堂生活総研・吉川昌孝の「常識の変わり目」:え? 「過半数が50歳以上」に──2023年のニッポン、一体どうなる? http://bizmakoto.jp/makoto/articles/1410/14/news037.html

人口構成、人口動態の推移は、社会観、年齢観を大きく変え、また多様化させながら、社会そのものを変えていく。

続きを読む