●集客世界一でも日本の美術館が一流になれない理由

┃ebook あるいは知のパラダイムシフト
ICT、情報、知識、意思決定、コミュニケーション、意味と構造化など

A:<メディアとしての紙>から<デジタル化するメディア>へ

●集客世界一でも日本の美術館が一流になれない理由
http://business.nikkeibp.co.jp/article/interview/20140603/266094/?rt=nocnt
「新聞社が仕切っている今の状況では、欧米のようなスター館長、スター学芸員が育ちづらい側面はありますね。/高橋:ですから日本の美術館の学芸員は、こまねずみのように働いて、疲弊して、ある程度の年齢になると皆、大学の研究者とかになって美術館を出ていってしまう。こういう状態では、美術館文化は広がりませんよね」。「売れる」だけでなく「観られる」ことを意識した美術展、がテーマにならなければならない。

●これからセルフ・パブリッシングを試したい皆様へ
publiss http://www.publiss.jp/?p=6041
ランキング入りも所詮一過性の喜びでしかない。「売れる」だけでなく「読まれる」ことを意識した本、がテーマにならなければならない。

●フリーカルチャーをつくるためのガイドブック
http://filmart.co.jp/wp-fa/wp-content/uploads/2014/05/FCBOOK_2nd.pdf
「本書は、「あらゆる創造的活動は、先行して存在する文化物を継承しながら行なわれる」というフリーカルチャーの本質に迫り、「継承」と「リスペクト」が生み出す「創造の共有地」という未来を描き出します」。

●Creative Edge Store – クリエイティブエッジ・ストア
http://www.design-zero.tv/college/ebook/store.html
個人出版が注目されているが、著者自ら自前販売サイトを持ち、さらに、テキストだけでなく、音声コンテンツ、動画コンテンツまで、自前配信してしまうのは、たぶん日本初。7月株式会社化とのこと。境 祐司さんによるCreative Edge Store(クリエイティブエッジ・ストア)。いくつかのラーニングコンテンツなどが販売/無償公開されている。

●医学書院ら共同で新会社「医書ジェーピー」設立、医学・医療の電子情報を共通プラットフォームで配信・販売へ
http://markezine.jp/article/detail/20189
個人だけでなく大学や病院などにも医学・医療系の電子コンテンツを配信する予定。「諸外国の例をみても明らかなように、医学・医療情報の電子化の推進は喫緊の課題です。しかし、現状わが国において電子化されている情報量は十分とは言えず、また既に電子化された情報も個別に、散発的に、さまざまな流通経路で、販売・配信されており、医学・医療専門職および学生にとって、必要な情報が容易に入手できる状況ではありません」。(プレス http://bit.ly/SyU29w )

●「学術文庫」相次ぎ新創刊 埋もれた名著で手堅く商い
http://sankei.jp.msn.com/smp/life/news/140602/bks14060208490002-s.htm
「文庫全体の売上に対し、学術系文庫が占めるシェアは、1~2%程度(略)。その半分は岩波文庫」。にもかかわらず脚光を浴びるのは、不確実性が小さいから。リスク・マネジメント的発想からの取り組み。

●【iPhone神アプリ】実際に選書メチエ&学術文庫 講談社を使って分かったこと
http://bit.ly/1hCt8JQ
新創刊と並行して始まっているのが、既刊の学術文庫の電子化。新しい読者開拓に電子書籍を使うアイデア。「読まれる」への工夫。

●Kindle用コンテンツ 『現代映画用語辞典』 『子どもに見せたい名作映画ガイド』発売開始!
http://www.kinejun.com/digital_media/news/tabid/198/Default.aspx?ItemId=478
会社方針として刊行物の電子書籍化を進め、新規コンテンツを含めて順次、Kindleストア(Amazon)にて販売していくことを決定。その第一弾。(プレス http://bit.ly/1mQJ1JX )

●アニメイトの電子書籍サービス、7月上旬に始動 一押し作品の紹介、豪華特典を用意
http://hatenanews.com/articles/201406/20974
リアル店舗から電子書籍店への導線をはる発想。ダウンロードには、会員登録後に購入する「アニメイトコイン」が必要。そのアニメイトコインをチャージできる「アニメイトコインカード」は、リアル店舗である、アニメイト各店の店頭で6月下旬から販売開始。読んでもらうためには、見つけてもらうためには、リアル店舗の「棚の力」がまだまだ有効だから。

●新機能「マガジン」リリースのお知らせ|note公式
ttps://note.mu/info/n/n1e86e0ad1075
様々なコンテキストに照らし分類し直す、それは、著者・発信者さえ気づかない、新しい意味付け機能ともなる。そういう作業が「マガジン」で実現されていくことになろう。

●メディバン – 総合電子コンテンツマーケットのMedibang!
https://medibang.com/


でんでんコンバーターは使用無料だが、「作る」ところまで。メディバンは電子書籍販売サイトMedibang! での販売を想定する、「作る」プラットフォームを無料で提供。今後、KindleストアやiBooks Store、Google Playブックス、koboイーブックストアにおける販売サポートも行う予定。

●二冊目の電子書籍の製作手順(3) 〜でんでんコンバーターを使う〜
http://rashita.net/blog/?p=13520&wt=2
「EPUBの中身を覗く」の章が勉強になります。

●アイコンフォントからSVGへ!より手軽にベクター画像を表示しよう
http://www.webcreatorbox.com/tech/svg-vector/
最大の特長は、ユーザーがピンチアウトして文字を拡大したとき、それにつれて拡大してくれること。一般的に使われる画像形式であるJPEGやPNGなどのビットマップ形式とは違い、SVG等のベクター形式の画像は、拡大縮小しても画質が劣化しません。

●データジャーナリズムアワードに多数ノミネート! プロパブリカのデータジャーナリズム事例
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/39285
調査報道を行う非営利メディアとして知られるProPublica(プロパブリカ)の事例を13個。サンドラー財団から2007年より、年間1000万ドル(約10億円)の寄付を受けていることで、調査報道が可能となっている」。データジャーナリズムを支える無償のキャッシュ。

●第2回 決算が黒字でも,儲かっているとは限らない:だれも教えてくれなかったコンテンツビジネス儲けのしくみ
http://gihyo.jp/lifestyle/serial/01/contentsbusiness/0002
キャッシュフローは大事。特に、紙の書籍は一旦取次に納品しさえすれば入金してくれるが、電子書籍はそうはいかない。

●ヤマダイーブック「炎上」 電子書籍事業への教訓
http://www.nikkei.com/article/DGXNASDZ0404L_U4A600C1H56A00/
キャッシュフローが回らないとサイト閉鎖もありうるが、閉鎖が過去に購入したモノにまで影響を与えるのが、電子書籍の怖いところ。

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中