●登山地図&計画マネージャ「ヤマタイム」提供開始 無料で登山地図を閲覧、計画、

B:暮らしと職場の風景を変えていく(個人の意思決定と情報社会)

●登山地図&計画マネージャ「ヤマタイム」提供開始 無料で登山地図を閲覧、計画、 http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000408.000005875.html
地図は、国土地理院の数値地図をベースに、登山ガイドブックシリーズ『ヤマケイアルペンガイド』の登山地図情報に、ヤマケイオンラインの山小屋や山のデータベース情報を加えた。すべて無料サービスだが、地図の印刷や計画の保存には、ヤマケイオンラインの会員登録(無料)が必要。

●あなたの旅行を「劇的」に変える、ちょっとした25の裏ワザ http://tabi-labo.com/27355/travelstyle/
「私たちが目指すのは、既存のWEBメディアに欠けている「色」や「ニオイ」を持ったメディア」「TABI LABOは、カルチャーからライフスタイル、トレンドにテクノロジー。おもしろいモノ、感動するコト、刺激的なキーパーソン。いま世界で起きているあらゆるトピックを扱う、「世界とつながるネクストマガジン」」。

●新聞が終わる前に音楽業界が先に終わりそうな件 http://blogos.com/article/90928/

日本では若者が車を買わなくなったことも、CD売り上げ減と関係ありそう。

●スマホで変わった音楽視聴モデル、収益モデル。1,000億の米国オンデマンドストリーミングと40億の日本市場。 http://nipponmkt.net/2014/07/17/takenaka2-02/
「クラウド×ストリーミング技術」で実現されたことはふたつ。特定の端末に依存しない/視聴行動データ解析からのレコメンド機能の充実。米国ではこれにさらに、プロの音楽家によるキュレーション(ジャンル別スペシャリストによるプレイリストとユーザーのマッチング)がユーザーの支持を増やしている。日本はとにかくまだまだ聴ける楽曲が少なすぎる。

●「auかんたん決済」登録でストリーミング音楽配信サービス『SOUNDSMART』無料お試しが可能に http://www.dreamnews.jp/press/0000096474/
カフェや雑貨屋などで流れているようなボサノバやジャズ、J-POPや洋楽のカバー楽曲などを中心に配信。

●スペインの2014年音楽市場、ストリーミングとCD売上増加で13年ぶりにプラス成長 http://getnews.jp/archives/626129
「ストリーミングサービスの拡大は、勢いを失っているその他の形態の低迷を部分的に補完」。

●ベルリン・フィルがディスクを自主制作 http://www.nikkei.com/article/DGXBZO73600740R00C14A7000000/
「全世界がダウンロード音源にシフトするなか、いまだにパッケージソフトに強い愛着を示す二大市場であるドイツと日本で丁寧に広めたい」。独自に開発した、家庭で生コンサートを体感する映像配信サービス、「デジタルコンサートホール」の会員、百万人がまずは潜在顧客。

●iPadからWindowsタブレットへの乗り換えが加速する三つの理由 http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/watcher/14/334361/071400004/
過去の業務データ資産が使えるのが大きい。それに加え、Windowsタブレットの場合、CPUは米インテルの主力製品「Core i」よりも性能が劣る「Atom」が利用されることが多い。しかし、「Surface Pro 3」は通常のノートPCと同様にCore iを採用。

●世界タブレット市場、出荷台数が初めて前年割れ、小型機の需要低下で http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20140711/570842/
スマホの大型化、とりわけ中国でその需要の旺盛なことが、タブレットに打撃。差別化からは、今後、タブレットは8~10.9インチがメインになっていくか。

●重点をテレビからモバイルへ移し、2200人も削減する公共放送局 http://blogos.com/article/90304/
カナダの話。「CBCは優先順位をテレビからデジタル、モバイルに転換する」「それに伴い、スタッフ、夜ニュース、社内制作番組を減らす」「これからはモビリティで前進する」「大規模な人員削減で財政的に持続可能な組織にする」。

●Facebook広告、Twitter広告、Adwordsの実績を比較してみた。 http://gamba.blog.jp/archives/1005266751.html
目的が「トライアルのユーザ登録」である場合のケーススタディとして読むと有益。CVRは断然Facebook広告が上。

●Facebook広告活用で新規会員獲得費用を49%ダウン!ページポスト広告成功の秘訣 http://markezine.jp/article/detail/20376
「ページポスト広告施策においては、年齢・性別・地域・卒業大学などで詳細なセグメントに分け、ターゲットに合わせたクリエイティブと訴求メッセージによって、新規登録者数を飛躍的に増加させながら、会員登録費用(CPA)の49%削減に成功した」。

●今、話題のネイティブ広告は「騙された気分になる」 http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000046.000007597.html

スマートフォン上で最もストレスを感じない広告は、スマートフォン画面に対して、「広告面積が20%程度で画面下部に表示される広告」(29.7%)。4割超がターゲティング広告で「企業の印象が悪くなる」と回答。

●PVに代わる広報・PRの新しい指標に? ソーシャル力が最も高いメディア最新調査結果発表 http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000004375.html

国内で多数のソーシャルフォロワーを持つメディアは『モデルプレス』、『日経新聞電子版』。

●「Webデザイントレンドの潮流」について講演しました https://www.ficc.jp/blog/ccl-web-vol6web
デザインには「目的」がある。あなたの「目的」はなんですか?流行を追うことが「デザイン」ではありません。ただし、流行にはそれなりの「必然」もある。たとえば「パララックスサイト」。「クリックよりもスクロールの方がアクションのハードルが下が」るという環境の変化とそれへの対応(コンテンツをページに分割しない、1ページ完結型へのシフト)がまずあった。とすると「スクロールにフックする」しかない、ということで生まれてきたトレンド。

● [生活者分析]テレビ視聴者の動向 http://www.riskybrand.com/report_140710/


環境の変化もその中身が問題。一口に「テレビ離れ」と言っても、平日のテレビ視聴時間が1時間に満たない「テレビ離れ派」は、『インテリ』タイプに多い。

●基調講演「日本・グローバルアプリストアトレンド」 国別の売上ランキングでは日本がトップに http://www.4gamer.net/games/999/G999904/20140711121/
Google Playではダウンロード数のうち約40%、売上金額の80%が「ゲーム」。またGoogle Playではアプリ自体の売上よりもアプリ内課金の占める割合が大きいという傾向が、App Storeより顕著。

●葬儀・家族葬、生前準備 – Yahoo!エンディング http://ending.yahoo.co.jp/
サイトには自身が死亡した時に備える「生前準備」、葬儀の見積が取れる「葬儀手配」、相続税や遺言状などの知識を得られる「相続・遺言」などのコーナーがあり、ユーザーが死亡した時に知人に送付されるメッセージを作成したり、自動的に課金の停止、データの削除などを行なう機能も用意されている。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中