●<解説>高年齢者雇用安定法の改正について

130208 PM

┃Post Modern あるいは再編成されるLife(生活/生命/人生)
環境、ケア、家族、地域、仕事、教育、社会保障、時間など

●<解説>高年齢者雇用安定法の改正について http://www.jeed.or.jp/data/elderly/elder/download/2013-01_05.pdf
高年齢者雇用安定法が改正され、再雇用は義務化。義務を履行していない企業には、厚生労働大臣は指導、助言、勧告ができ、違反者を公表することもできる。

●高齢者の戦力化につながる活用と処遇のポイント http://www.mizuho-ri.co.jp/publication/sl_info/management/pdf/news201302.pdf
労務管理の視点から。簡単整理。

●改正高年齢者雇用安定法による変革~高齢者を財産に、人に根差した社会へ http://www.jeed.or.jp/data/elderly/elder/download/2013-01_06.pdf
高齢者はコストなのか、資産なのか。

●高齢者雇用政策の展望~生涯現役社会/エイジフリー社会の実現に向けて http://www.nli-research.co.jp/report/nlri_report/2012/report130131.pdf
「いつまで働きたいか(60 歳以上の男女)」:働けるうちはいつまでも36.8%。「今後も仕事をし続けたいか(65 歳以上の仕事を有している高齢者)」:日本は約9割がYES。

●あなたはいつまで働く? - “強制終了”から“終了メニュー”選ぶ時代へ http://www.nli-research.co.jp/report/researchers_eye/2012/eye130204-2.pdf
「諸外国では退職後の暮らしを愉しむことこそ人生最大の目標と考える人も多い。日本では現役時代から多様な人生の愉しみ方の経験に乏しく、老後も消極的に仕事を選択しているのかもしれない」。

●若者の雇用について~バブル崩壊から現在まで http://www.sangiin.go.jp/japanese/annai/chousa/keizai_prism/backnumber/h25pdf/201310802.pdf
昭和50年、あるいはデータによって昭和30年からの、若者の雇用と教育に関する指標を振りかえってみた。平成に入ってから折れ線グラフがくっきり曲がるデータが多い。

●わが国の成長を担う人材シフトの方向性 http://www.mizuho-ir.co.jp/publication/column/2013/0129.htm1.グローバル化への人材シフト、2.サプライチェーンにおける上流・下流工
程への人材シフト(いわゆるスマイルカーブ)、3.高付加価値商品・製品への人材シフト、4.環境・エネルギー、ヘルスケア等の新規分野への参入に係る人材シフト。

●生産性の向上に向けたワークスタイル改革~コミュニケーション・スタイル改革を中心に http://www.nri.co.jp/opinion/chitekishisan/2012/pdf/cs20121205.pdf
働き方を変えることで印刷費、コピー費、家賃、引っ越し費用を削減できる。また働き方を変えることで外注できる業務も出てくるし、ノウハウなど社内ナレッジの共有も可能になる。デジタル化で始まる、「情報」と「データ」の共有化、フリーアドレス化、資産化。

●スマートシティ:東京都の新エネルギー戦略、640億円を投じて自立分散体制へ http://www.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/1301/24/news015.html
島しょ部における再生可能エネルギーの拡大、また東京都が保有する施設に大型の蓄電池を配備して、電力需要がピークになる時間帯に電力を供給できる体制を強化するのが目玉。

●米、日本にシェールガス輸出 3月にも解禁 http://www.nikkei.com/article/DGXNASGM03019_W3A200C1MM8000/
その量と価格で、世界の産業構造、地政学的力関係を大きく塗り替える力を有する米国のシェールガス。

●米シェールガス革命、欧州にエネルギー戦略の転換迫る http://jp.reuters.com/article/jp_Germany/idJPTYE91303820130204
「ドイツの諜報機関の最近の調査によると、米国は2020年までに世界最大のエネルギー消費国から世界最大の石油・天然ガス輸出国に代わる可能性がある」。

●火力発電以外で進む天然ガスシフト~プラスチック材料、肥料 http://oilgas-info.jogmec.go.jp/report_pdf.pl?pdf=1302_out_c_natural_gas_shift_on_plastic_fertilizer.pdf&id=4829
米国でエチレンプラントの新設が相次ぐ。また、天然ガスからアンモニア製造を行う動きがあるなど、シェールガス革命が及ぼす影響の範囲は広範だ。

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中